SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初詣

 先週の雪とは対照的に、本日いい日和となりました。
日なたに出ると暖かく、マフラーやコートもいらないくらいです。

 1月も終わろうとしていますが、やっと初詣に行ってきました。
毎年、人の多い三が日をさけ、1月中の休日に都合をつけるようにしています。

 5円玉か10円玉のお賽銭でたくさんお願いをするので、
神様仏様も、あきれているかも。
お願いは、その年の家内安全、健康第一、商売繁盛などなど、いろいろなことがまざっています。

 しかし、健康第一ですね。自身の、そして家族の。
お願いの大半はそれにつきます。
家族が幸せに、平穏に暮らしたい。

 テニスのことも、少しはお願いしましたが、
(自分が試合に出たりする)テニスにほんとうにまじめに、真剣に向き合うと、
平穏に暮らせなくなってしまう気がするので、今日のところは少しだけのお願いになりました。
今現在の正直な気持ちです。

 でもきっと、ラケットニギニギだけはなくて、
母校に顔を出したり、試合に出たりしたら、
もっともっとテニスがしたくなり、気持ちも変わってくるんですけどね。
これ、毎年のことです(笑

 いずれにしても、今年も誠実にテニスと向き合っていきたいと思います。

スポンサーサイト

雪の日に。

本日、雪であります。

 朝から家の窓越しに外を見ると、しんしんと雪が降っています。
いくつもいくつも、無数の雪が一面の空から降りてきて、
はらはらと舞っているさまを見ると、
日々の、私をささくれ立たせているちょっとしたことが、
まったく、たいしたことないような気がしてきます。

すべてのことが、雪に埋もれていくような、そんな感覚におちいりました。


 その後、所用で街にでました。
まだ雪があとからあとから降ってくるのに、
商店のご主人は、雪かきをしています。
今、積もった雪を取り除いておけば、
あとで凍ってしまったり、より積もってしまうのを防げるからです。
自分のお店の前を通る人たちのために。


 駅につきました。
改札口を通ったら、構内の様子が見違えるようになっていました。
壁という壁に同じポスターが貼ってあります。しかも、満開の桜。

 ご存知かもしれませんが、「きっとサクラサクよ」のキャッチコピーで
宣伝を展開している、最近、受験生に渡すのがはやりのお菓子のポスターです。
 この駅は、改札を入ると少しだけ広場があって、
2階へ吹き抜けのような形になっています。
その吹き抜けた上部の壁にも、一面の桜、桜、さくら・・・。
 確かに、商品名もばっちり表示されてあったのですが、
不覚にも、自分が合格したときのことを思い出して、ウルウルしてしまいました。

 さらに追い討ちをかけるように、電車を背に駅長さんのでっかい写真。
受験生への暖かいメッセージがありました。
ああ、ぴーの涙腺があぶない・・・。

 この駅は、私立の幼稚園から大学まで、複数の学校が最寄にありますので、
1月から3月くらいまで、受験生が大勢訪れます。
きっと、あのポスターと駅長さんのメッセージには励まされることでしょう。

 お菓子メーカーか、あるいは広告会社なのか、
上手な企画にまんまと乗せられてしまった私ですが、
その裏の下心(宣伝)があまり表に見えず、自然に心が暖かくなる。
こんな乗せられ方ならいいかなと、電車に揺られながら思いました。


 用事を済ませて家路につきます。
雪は小降りになってきました。
薄暗い帰り道のあちらこちらから、雪かきの音が聞こえてきます。
寒い中で、懸命にスコップを動かしているのだろうと想像すると、
たいへんだなと思い、ありがたく思うのです。

 雪が積もることがあまりない土地に住む私にとって、
なんだか少し、心が動いた一日でした

初打ちはいつ。

 年が明けて2週間、ぴーです。
実は今年、まだボールを打っていません。
ラケットなでなで、グリップをニギニギはしているものの、
まだテニスコートに入っておりません。

なんたることでしょう。

しかも、やっとテニスだと思ったこの週末、雨降りらしいです。

 果たしてぴーの初打ちはいつのことになるやら。
今年のテニスは前途多難かも・・。

 でもいいんだ、いいんだ、マイペース。
毎朝「遅れちゃう~」といいながら、駅まで小走りしてるし。
4Fのオフィスへだって、階段であがってるし。
(毎日の積み重ねは結構ばかにはできません。案外スタミナついてます 笑)
なんてね。

 そんなことで大丈夫なのかしら。
今年も、試合に出ても不本意なまま終わってしまうかも・・。

 いやいや、とにかく小さなことをコツコツと。
できる範囲でがんばります。


バレーボールの雑誌をみて。

 毎日スキー場にいるように空気が冷たいですね。
北海道、東北、北陸、日本海側地方のみなさんは雪が多くてたいへんなことと思います。

 長岡に住む学生時代の同級生がいます。
中越地震で被災し、その冬、そして今年と大雪なので、
どうしているかと案じていましたが、元気そうな家族写真つきの
年賀状が届きました。私もほっとしているところです。

 さて、先日本屋で、バレーボールの雑誌をパラパラっとめくることがありました。(う~ん、買わずに立ち読みしたってことですねぇ、本屋さんごめんなさい!)

 目的はインカレ(大学選手権)の記事だったのですが、
それ以外に目にとまったページがあったのでご紹介します。

(1)インカレとは別に行われた学生の東西対抗戦の様子がレポートされていました。

 東西対抗戦で各大学から選抜された選手が出ているのですが、
各大学のユニフォームではなく、東軍、西軍それぞれで揃いのものを作成して着ています。

 今回、その背番号0番のユニフォームを観客にプレゼントする という企画があったそうなのです。

 抽選で当たった人が満面の笑みで、選手たちと一緒に記念撮影した写真が載っていました。

ああ、おもしろい企画だなって、思いました。


(2)各地の実業団、社会人チームの バレー部の様子が紹介されていました。
バレーのトップであるVリーグのチームではなく、「その地域の企業のバレー部」といったところが
どのように活動しているかの紹介です。

 ソフトテニスでいえば、日本リーグや実業団リーグには出ないような、各地域で頑張っている部(チーム)といったところでしょうか。(比較や表現がまちがっているかも。まちがっていたらすみません)

 就職しても「バレーがしたい」という人たちには大いに参考いなるページだなって、思いました。

 ソフトテニスだって(バレーほど数はないかもしれませんが)各地域で熱心に活動している実業団はあると思います。
特に、女子部のある企業は少ないようなので、このように紹介できる機会があればいいのになって思いました。


 ところでなぜ、バレーのインカレの記事を見たかったかというと、
3位に入った大学の監督は学生時代の同級生だからです。
写真は載ってませんでしたが、名前が載ってましたのでよしよしっと。
はぁ、それにしてもすごいな。指導者やってるなんて、すごい。

 本日のブログは学生時代の同級生2名に書かせてもらったようなものです。
感謝しなくては。


高校インドア

1月4日、本日仕事はじめでございます。

 今朝も電車はガラガラでしたね。
普段座れない時間なのに座って通勤。これはこれで嬉しかったりして。

 さて、本日東京体育館にて、東京の高校生のインドア大会がありました。
東京でベスト2になれば、関東インドアに出場できます。

 仕事はきちんとこなし(?)、かけつけたときは、夕方6時30分になっていました。
女子はほとんど決勝が終わるところ。八王子高校と文大杉並高校の対戦でした。
2-0で文大の勝利。
体育館について、顔見知りの先生がたに挨拶してたら、試合が終わってしまいました。
どんな試合だったかもわかりません。残念。

 両校とも、関東インドアではさらに実力を発揮してもらいたいものです。

 
 ふと男子のコートを見ると、決勝3番勝負じゃないですか。
都立清瀬高校と駒沢大高校です。

 G3-1で駒大。ここから清瀬が挽回します。
G3-2、そしてファイナルまで追いつきました。

 後衛はどちらも丁寧すぎるくらいに丁寧に運びます。
極限の状態でしっかり打ち切れないのか、それが監督の指示なのかはわかりません。
とにかく手に汗にぎる展開です。
 前衛もポイントに絡みます。相手後衛の打ちそこないは逃しません。
ただ、思い切りのよさからくるミスも少し。惜しい!

 それでもコートにいる4人は、ポイントごとに元気いっぱい。雄たけびをあげています。
どちらの応援団も声がかれそうなくらい、大声援です。

 ファイナル5-5だったか6-6だったかまで競り合い、
最後は駒大高校が2ポイント連取して優勝を決めました。
さすがは名門校、土壇場での気持ちがしっかりしていましたね。
てこずっていたカットサービスも最後は返してましたし。

 清瀬はここ数年、躍進しているチームです。
男子の両校も女子と同様、ぜひ関東インドアでもあばれてほしいと思います。

 体育館には30分くらいしかいませんでしたが、いい雰囲気を味わいました。
やはり団体戦はいいですね。

 テニスしたくなりました。

新年を迎えました。

 あけましておめでとうございます。
2006年もマイペースで書いていこうと思います。
 テニスのこと、そうでないこと、いろいろになると思いますが、
お付き合いくださるとうれしいです。

 今年も私、見た目はへらへらしつつ、でも中身は芯のある大人の女性になりたく、
日々、精進いたしまする。

 テニスにおいては、
どんなときでも「想定内だよ」という顔をしてバタバタせず、
私のところにボールが吸い寄せられるように集まってくる。
そんな前衛になりたいものです。

 ↑ でもこれは、もう何十年も同じことを年頭に考えています。永遠の課題です(爆)


 試合は、どれだけ出られるかまだ調整中ですが、
できるだけ多く練習して、たくさんラケットを振りたいと思っています。

 もしかして、どこかでみなさんにお世話になるかもしれません。
その時は、どうぞよろしくお願いいたします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。