SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自信。

こんばんは。

いきなりですが、

やっぱりスポーツは「自信」なのよ。

「自信」があれば、なんでもうまくいくものだね。


 スランプを脱して嬉々としているアマチュアゴルファーに言われました。
最近は、ドライバーも思ったところに飛んでいくし、アプローチも距離感ばっちりに戻ってきたですと。
確かに1年以上、不調で苦しんでいましたが、やっと「自信」が甦ってきたのでしょう。


 そりゃそうだけど、そうなんだけどね。
その「自信」というのは、自信を持とうって「わざと思って」も持てるものではなくて、
心の底からわきあがってくるものだと思うのですよ。

 納得のいく練習ができたり、納得のいく打ち方ができたりして、
自分のプレイに不安がないときに感じることができるのでしょうね。

 最近、練習するとどんどん自分の粗(アラ)が見えてきます。
毎日練習していた10代のころは、欠点はあったけれど、不安はなかった。
いつも強気でいられたような気がする・・・。

 う~ん、勝ち負けも気にするけど、それよりも「いい」テニスがしたいな。
自分の持ち味を全部出しているようなテニス。
そういえば、「自信」って、自分を信じるって書くのだと、今気づきました。

 心臓にはえてた毛、剃っちゃったから(笑)
またはやさないといけないですね。
スポンサーサイト

姪っ子誕生

こんばんは。

 団体戦に向けての体調管理がいまのところ不合格点です。
どうも24時間では足りなくて寝不足です。

 試合のための体調にも影響しますが、普段の仕事や生活にも悪い影響が・・。
いけない、いけない。
 気持ちもだんだん盛り上げていかないと・・。


 さてさて、
先日、妹が出産しました。私の姪が誕生いたしましたです。

 「分娩室に入った」と義弟から連絡をもらったのは夜11時前だったのですが、
生まれたばかりの赤ちゃんと対面したかったし、初産の妹をねぎらってもあげたかったので、
病院に行くことにしました。

 病院についたら、分娩室の前の廊下で義弟がパイプいすにポツンと一人で座っていました。
朝から妹の陣痛につきあい、腰をさすっていた、それだけが自分にできることだった・・・
と言っていました。

 取り留めのない話をしていると、赤ちゃんの泣き声が聞こえました。
新しい生命の誕生です。

 その後、だいぶ時間がたってから、まず赤ちゃんが新生児室へ移動のために出てきました。
元気な赤ちゃんです。「玉のような」という形容詞がありますが、
まさにぷくぷく、つるつるという感じでした。
顔が、義弟にそっくり。笑いました。

 さらにもうしばらくして、妹が車椅子に乗って出てきました。元気です。
家にはよくきてましたが、私は3ヶ月ぶりに会いました。
すっかりお母さんの雰囲気です。

 よかったね。ほんとうによかった。


 深夜でしたが、帰りのタクシーはなぜか道が込んでいて少し渋滞につかまりました。
ふと、妹が生まれたときのことを思い出しました。

 妹とは4歳違い。妹が生まれたとき私は4歳でした。
母が入院している病室に入り、女の子だと聞かされて飛び上がって万歳をしました。
何度も、何度も。
よく覚えています。

 よかったね。ほんとうによかった。


 時はめぐります。親子3代、元気な私たちです。

もうすぐ団体戦

こんばんは。

 先日、少し勇気を出してみたら、またソフトテニス関連の新しい「BRIDGE」がかかりました。
とても嬉しかったです。
ソフトテニスが好きな人って、こんなにいるのかって思うほど、実は多いですよね。


 さて、ゴールデンウィーク中にクラブ対抗の団体戦があります。
個人戦には個人戦の楽しみもありますが、
やはり団体戦というのは日ごろ疎遠になっている「団結感」を味わうことができて、盛り上がります。

 この試合は大学生のリーグ戦に似ていて、複数の部に分かれています。
入替戦なしで1位は昇格・最下位は降格と決まっていますので、
試合結果によっては降格になるかもしれないというドキドキ感がたまりません。

 別に降格になってもたいしたことない って、そりゃ確かにそうなんですけどね。
上にあがれれば嬉しいし、落ちればなんとなく気持ちもへこみます。

 まぁ、いずれにしてもそれを肴に、反省会(という名の懇親会)をするのが、
これまた楽しいわけです。


 私が所属するチームは、なかなか全員集合しての練習ができないのですが、
年に2回のその団体戦には、みな集まってきます。
今からとても楽しみです。

 この試合に向けて、気持ちも体調も整えていこうと考えています。
あと18日。

 自分のテニスもさることながら、苦心するのは試合のオーダーです。
ここのところ昇格できていないし、しばらく定着していた形をひっくりかえして
ガラガラポンしてみようっかなぁ。新鮮でいいかも。
これぞ団体戦の楽しみですよね。相談してみようっと。
うぷぷ。楽しみ、楽しみ。

フォロー練習のすすめ

こんばんは。

今週は雨が降りやすいようですね。
オムニコートなら雨がやめばすぐテニスができますが、クレーコートはなかなか乾かず、
すぐに練習開始というわけにはいきませんね・・・。


 昔、高校生のころ、雨が降ったら体育館で練習してました。
でも、体育館は別の部が使用していることが多く、
そんなときに行っていたのが、校舎の階段を利用した「フォロー練習」でした。

試合の中でおこるさまざまなシーンを想定しながら、実戦を意識して練習するのがいいと思うのですが、
フォローだけを取り出して練習することは、なかなかしないと思います。
コートで打てるなら、もっと別の練習に時間を割いたほうがいいし、
部員が多かったり、時間がなかったりするとなかなか難しいですものね。

 そこで、雨の日です。
外で練習できないときに、このフォローだけをじっくり練習しておくのです。

 あげボールの担当者は、階段の5段くらい上にすわり、
フォロー練習する人はいちばん下に立ちます。

 ボレーの構え(グリップは胸からおへそくらいの位置、左手はいちょうの部分を軽くもつ)から
グリップエンドを中心にしてそのままラケットのヘッドを下げた状態が待球姿勢です。
左手はいちょうの部分に軽く添えたまま。

いわゆる「裏面」を相手にむけている形です。

 あげボールの人は、ラケットでボレーするようにボールを出します。
(最初のうちは、手でゆるいボールをあげても可です)
構えているラケットのガットをめがけて、
そして慣れてきたら徐々に前後左右に動かしていきます。

 フォローする人は、ラケットを振ってはいけません。
インパクトの瞬間にグリップをキュッと握るだけという感覚をつかむようにします。

 身体から遠い場合は、添えていた左手はラケットから離れ、右手一本でのフォローになりますが、
身体に近いボールはできるだけ左手を添えたままでフォローするほうが安定すると思います。

 50本×3セットとか1分×5セットとか、ひとりずつ本数や時間を決めて交代で練習します。

 このフォローだけを取り出した練習を、経験しておくのと経験していないのとでは、
いざ本番の試合でのフォロー処理や、ネット際でのちょっとしたボールの処理に差がでます。
あわてずに落ち着いて処理できるのです。(と私は思うのです)


 応用バージョンは、少し広い場所を使い、
あげボールの人が動いてボレー(あげボール)するのを、追ってフォローします。
相手前衛がポーチに出てきた動きにあわせて自分も動き、そしてフォローするという練習です。

 相手前衛が「おりゃ~っ」という勢いでポーチしてきたのを、
平然とフォローして逆ポイントした日には、そりゃ、痛快でございます。
ガッツポーズにも自然と力が入りましょう。
フォロー練習するときには、それを楽しみに励みませう♪

世に売り出すには

こんばんは。

 突然ですが、うちの冷蔵庫を新しくしました。
コンプレッサーというんでしたっけ、その音が異常に大きかったのです。
本当は冷蔵庫はこんなに静かだなんて、感激しているこの夜でございます。


 さて本題。これも突然ですが、
東京都内、日比谷公園の近くに通称日比谷シティというところがあります。

 4つのビル(日比谷国際ビル、富国生命ビル、日本プレスセンタービル、日比谷セントラルビル)で構成されている区画なのですが、
その4つのビルが北、西、南を囲み、真ん中に広場ができていて、
時々イベントが行われたりしています。

http://www.hibiyacity.com/hibiya.html


 お昼休みに、自衛隊や消防庁の楽隊がきて演奏会していたり、
ビールの新商品の発表会したり(昼間っから試飲したりなんかして)
入場料をとって能楽をやったり。(そのときはタダ見ができないように幕がはってあった)
冬場はフットサルのコートになっています。
以前はスケートリンクになったこともあり、
そしてテニスコートになってたときもありました。(レンタル料は高かったようです)

 オフィス街のど真ん中です。新橋・内幸町にも虎ノ門にも、霞ヶ関にも近い場所です。
ですから、昼休みの人口はとっても多いです。
そこでソフトテニスを、激しい乱打のひとつもガンガンやってたら、
きっとみんな足をとめて見いっちゃうことでしょう。
注目を浴びることまちがいなし。

なぁんて、昔あの辺にお勤めしていたことのあるぴーはふと思いました。

 今は日比谷シティはテニスコートになることはないようですが、
そんなふうに一般の人々にソフトテニスをアピールできる場があったらいいですね。
どこかないかな~。


20060409本日の試合

こんばんは。
本日参戦して参りました。

幾人かのかたにアドバイスをいただきました。

睡眠が大切」

実感いたしました。

 昨晩は早寝し、(途中、むっくり起き上がり、「BRIDGE」を見たりしましたが)
今朝の目覚めはばっちりです。

 みなさん、やはり試合前日はあせって練習するよりも「睡眠」ですね。
ぜひお勧めです。



 さて、本日は残念ながら結果には出ませんでしたが、おかげさまで疲労感もとれて、
相手後衛 VS 私(前衛) の かけひきのある面白い試合ができました。

 今思うと、相手後衛さんにかけひきの主導権を握られてましたね。
動いた逆をつかれたり、サイドを張っているのがばれてセンターに打たれたり、
散々ではありましたが、でも楽しかったです。

 前半1、2本取りにいってから、後半で誘おうと思っていたのですが、
そうやってバタバタしてしまったので、リードを許してしまいました。

 G0-3になって腹をくくり(遅すぎたけど)
ポジションをしっかりとって、真ん中にじっとしてたら1G取れましたね。偶然でしょうか。

 試合カンが鈍ると、じっとしてるのが怖くてつい動いちゃうんですよね。
前半は、動いちゃいけないところで動いてしまってました。

 あと、レシーブミスとダブルフォルトを1本ずつ。
これは絶対いけないので、次回はしないぞ。

 途中から風がやんで、めずらしくおだやかな関東オープンでした。
2試合できたし、収穫もそれなりにありましたので、次に活かしたいと思います。

前向き、前向き!

試合について書くということ

こんばんは。
 やっと週末です。今週はなぜかとても長かった。
気持ちや頭の中身は若くても、実は体力が若くなかったのを実感・・・(笑)


 さて、常々、ソフトテニスのトップクラスの選手自身がブログを書いたらいいのになと、
考えていました。

 たとえばソフトテニスに限らずスポーツの雑誌などで、
記者がある試合について選手の心境に近いものを書くことが時たまあります。
大試合のこの場面でどんなことを考えてどうプレーしたか・・ということなどです。
 それをソフトテニスの選手自身が書いたら、それはまさに「真実」で、
ファンにとっては選手自身の心理に迫る、興味深い読み物になるし、
中・高生たちには、活きた教科書になる と思うのです。


 でも、気づきました。
選手自身がブログで試合内容や心境をつづるのは難しいということに。

 私自身も、まだ現役に片足(片足の指先くらいか?・爆)を突っ込んでいますからわかります。
自分の弱点や得点パターン、ゲーム中の考え方などは、本来企業秘密です。
公(おおやけ)にしたくありません。
次の試合の対戦相手に知られたくないからです。

 引退したあとなら、「あの時はああだった」と言えるのかもしれませんが、
毎回の試合が勝負であるトップクラスの選手には、難しい注文なのかもしれませんね。


 でも、しかし、しかしです。え~い!
同じ試合にでるであろう選手たちが読むかもしれないけど、書いちゃおうっと。

 日曜が試合なのに、私、なんだか「お疲れ」で~す。

おっかしいなぁ。身体が重い・・・っ。
重い、重いって、体重計に乗ったら、なんと増えてるぅ~!!

 ああ、動きが鈍いかも・・。

といって、油断させてるだけかも。
い、いや、これは正直な話ですよ・・。

いや、いや、いや、これは油断させてるだけかも・・。

あれ~、すでに心理戦は始まっているのか???
少しキレの悪いこの文章こそが、「お疲れ」をあらわしているかも(笑)

ちなみにぴーは皆を惑わすAB型だよん♪


周りの人々

こんばんは。
ああ、今週は試合に向けて体調を整えねば。
でも、夜中にブログを書いてしまっているぴーです。


 つくづく、ほんとに私ひとりではダメなのだと、思います。



 なぜ母校に練習に行くと調子がいいのか。

 慣れているコートだということや、
後輩が「先輩、先輩」って持ち上げてくれることもありますが、
やはり「後輩の前で少しはちゃんとしたテニスをしなくちゃ」って
思うからのような気がします。

 後輩にアドバイスすることもありますが、
私も、後輩がいるおかげで、プレーがなんとかテニスの形になっているのです。


 試合でも、ギャラリーが多いほど、
きちんとした試合の形になっているような気がします。

 ギャラリーのいない試合は、燃えない なんちゃって。(笑)
単なる目立ちたがりやなだけ かもしれませんが、
でも、人が自分を見ている視線に応えようと、ちゃんとしたプレーになっているような気がします。

 人が見ているから、なんとか試合の形になっているのです。
誰かに見てもらっていないと、ダレたテニスになってしまうとは、
いけない、いけない。甘えていますね。


 でも、そう考えると、ほんとに周りの人たちがいたから、
テニスが少しは上達できたのだなと、思う今日この頃。

 今でもテニスができる環境にあるのだから、
恩返しのつもりで、テニスしないとな・・・。

「BRIDGE」デー

こんばんは。

困りました。
「BRIDGE デー」 のことは書かなくちゃ。
書かないと次のことが書けない。

でも、盛りだくさんで何から書いていいのやら・・・。



 テニス会場となったのは、首都大学東京のテニスコートでした。
最寄駅からすぐにアウトレットの街があります。
それをさらに通り過ぎ道なりに行くと、つきあたりが大学の校門です。
大学への一本道。必ず入れる一本道。合格間違いなしって感じです。
でもほんとはこの大学入るの難しいんだ・・・。


 門をくぐると構内の地図が。
「いちばん奥だぁ」
てくてく歩いていると、お花見ご一行(?)と出会いました。
えりっちさんとお子たち、笑行陣ご夫妻です。
すれ違う人に聞き聞き、また構内の地図発見。
現在地を見て、愕然。
「まだ半分だぁ」

 さらにてくてく歩きました。
そして体育館のうしろに、オムニコートが燦然と現れたのでした。
敷地は広いし、施設も立派です。
更衣室もお借りしましたが、きれい、ロッカーもシャワーもある。
うらやましい。(マイ母校にもこんな更衣室がほしい!)


 今さらですが、オムニコートはボールが止まる。
クレーばかりで練習している私は、最初とまどってしまいました。
てくてく歩いた疲れもあり
(こんなんじゃいけないんですけど~。足腰が軟弱になっている・笑)
なかなかフットワークがあいません(泣)
 後の宴会で「ボレー控えめですね」とか「フォアはへたくそだよね」とか
いろいろなかたに批評していただきましたが(爆)ほんと、苦労しちゃいました。

 ま、今回は私のテニスはどうでもよくて、いろいろな世代の人たちが集まって
一緒にテニスができるって楽しいことですね。
右を見たらお兄さまがた、左を見たらお子たちです。
お姉さまがたの前衛っぷりには、己を省みておおいに反省しました(汗
お子たちもとっても上手でした。いちばんレベルが高い!というのは冗談でもなかったかも(笑


 あ、それからこの日オムニで打ててよかった。来週の試合はオムニかもしれないから。


 そして車数台に分乗して宴会会場、「とりとん」へ。
なんとT市のランキングソフトテニスプレーヤーがご主人のお店です。

 宴会に入ると、べちさんのしきりのもと、自己紹介が始まりました。
私は話すのがへたなのでさらっと流したのですが、
どうぞみなさん、私のことはブログや掲示板へのコメントなど、
書かれた文字でご理解くださいまし。


 えりっちさんご提供の「馬刺し」も出て、楽しい話をたくさんしたような気がします。肘痛のチヨコさんにつける薬の話も出ましたっけ。

 クッキーの父さんの懐かしいラケットや、
さすらい人さんのグラコン&yyマークのセーターやら、
「BRIDGE」らしい掘り出しものも出てきました。


 などなどなど、まだ書き足りないこともありますが、
参加したみなさんぜひ付け足しや訂正をお願いします。



 今回のイベントにご尽力いただいたすべてのみなさん、参加のみなさんに
感謝します。お疲れさまでした。
また、ぜひ!

(追伸)
翌、日曜、朝どうも起きられないと思ったら、発熱しておりました(笑
薬を飲み、一日爆睡しましたら治ったでございます。
ご心配おかけしました。すみません。大丈夫です。
あまりの楽しさに興奮いたしました・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。