SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雨の日の試合

こんばんは。

 久しぶりにブラジルのサッカー選手、ロナウドをテレビで見ました。
4年の歳月は、彼をも少し『ぽっちゃりに』あるいは『丸く』していました。
これじゃ、ロナウドのような運動量の無い私が『ぽっちゃり』になるのは仕方ないか・・・(笑)
 

 さて、友人のアマチュアゴルファーが、先日、所属クラブの4大メジャー(?)大会のひとつに参戦してきました。

 土砂降りの雨で、天候は最悪。
 ゴルフは雷が鳴るとすぐ中断なのですが、雷が鳴らなければ、フェアウエーやグリーンに水が出る(たまる)ようになるまでは続行なのだそうです。

 スランプでどん底だった昨年に比べれば良かったと言っていましたが、
結果は残念ながら、ほんの一打足りず、予選落ちでした。
あとから思えば、あの一打が・・・。

というのが、
なんとかアプローチをカップから20センチに寄せて、
普段だったらまわりからオッケーが出るところ、競技だったのでそういう声も出ず、
「お先に」といって何気なく打ったパットをはずしてしまった 一打でした。

 あとから思えば、パターか、ボールかどちらかに、砂か泥の粒がついていて、
転がるコースが微妙にずれたらしいとのこと。

 雨中での試合では、普段よりももっと繊細な注意が必要なのですね。
条件が悪いときほど、ボールやラケットなど用具にも気を使い、最後の詰めまで集中してしっかり。
ソフトテニスでも同じなのだろうなと、思いました。

 折りしも、これから雨の多い季節。
オムニコートでの雨中決行の件で、みなさんの意見交換がされている中、
私も試合に臨みます。(どうか雨降りませんように!)
スポンサーサイト

本屋での出会い

こんばんは!

聞いて聞いてっ。
 今日、久しぶりに立川駅ビルのオ○オ○書房で ソフトテニスマガジンを買おうとしたら、
なんと、ソフトテニスマガジンを 立ち読みしているおじさんがいたのです! 

  あ~、ソフトテニスマンかな~。
  きっとそうだろうなぁ。
  共通の知り合いとかいたりして~。

  それにしても、ソフトテニスマガジンのまん前に立ってるから、
  私が手に取れないなぁ。
  え~ん、特快に乗りたいのになぁ。
       (注・・特快とは、特別快速電車のこと。少しは早く家路につける)

  あ~、だめだ。時間がない。特快が行っちゃう。
  ええいっ。
   「すみません!」


 立ち読みしているおじさんの肩越しに、にゅっと手を伸ばし、
一冊つかんで小走りにレジに行きました。

声をかけたら、また新たな橋がかかったかもしれなかったですね。

 本日夕方、立川駅ビルでソフトテニスマガジンを立ち読みしていたメガネのあなた。
変なおねいさんがいたでしょ。
それ、私です。

関東大会&インハイ予選

こんばんは。
今日もいい練習させてもらいました。どうもありがとうです。


 さてさて、昔々のことです。
 東京都インターハイ個人の予選が5月の17日、24日、31日の各日曜、
のべ3日にわたり行われることになっていました。

 17、24日は、どちらかの日程で各会場(高校)にわかれてベスト32まで決めて、
31日が決勝大会の予定です。

試合の予定はその後も、翌週6月6、7日には関東大会個人、団体と続いていました。

 インハイ予選が関東大会をまたぐのはいやだな と思っていましたら、
案の定、17日に雨が降りました。
現在のようにオムニコートなどひとつも無い頃です。朝の時点で17日分は31日に延期と決まりました。
そしてインハイ予選の決勝大会が、関東大会後の6月14日になってしまいました。


 インハイに個人で出るためには、ベスト8に入らなければいけません。
常に上位に顔を出す選手でも、32本から上の試合は油断したら足元をすくわれます。
ベスト8というのは、なかなか到達できない高い壁であり、
選手たちの大目標でありました。

 だから32本に残れて決勝大会に行けるなら、全ての力を注ぎたい。と、誰しもが思っていました。
特に3年生はその思いが強いのです。自分がこのテニス部に入ってやってきたことの集大成ですから。
そして組み合わせによっては、同じ学校の同士打ちもあります。インハイに行ける8本決めで仲間を倒さなければならないこともあるのです。個人戦は結構シビアです。

 しかし、しかしです。
部の目標は、まず「団体戦」なのです。
関東大会に向けてチームが集中し、まとまらなければいけないところなのに、
直前1週間前まで個人戦があり、さらに関東大会直後も個人戦が・・・。

 それぞれの試合に気持ちを切り替えて臨まなければなりません。
関東団体に向けて、チームがひとつにならなければなりません・・・・。


 昔々のことですから、詳細は覚えていませんが、当時はなんとか乗り切ったようです。


 今年の高校生たちは、やはり過密な日程なのでしょうか。
当初の予定では、今度の土日が関東大会。その翌週にインハイ団体予選だったような・・・。

 週末ごとに大きくて大事な試合があるのは、精神的に厳しい面もありますが、
乗り切ったら初めて大きな喜びが得られるのだと信じ、
がんばってほしいと思います。

 乗り越えられないことはない。
大きな喜びは手が届きそうなところにあるのだから。
自分たちでつかみ取りにいかなきゃ。

 つかみ取りたくても、そのチャンスさえ得られない多くの人たちがいるのだから、その多くの人たちの代表なのだという自覚と自信をもって試合に臨んでほしいなと思っています。

関東学生リーグ戦 雑感


 リーグ戦は魔物が棲んでいる。

5校と対戦する場合、すべての対戦に勝利すれば文句なく優勝である。
しかし、互いの力が拮抗していて全勝校がない場合、
思わぬところから優勝が転がりこんでくることがある。

 それとは逆に、あとから思えばあれは「痛恨の1敗」だったと気づくことがある。
あと1ゲームとっていたら、優勝だったということがある。

それに気づいたときの心の痛みは大きい。


 自分のことを思い出す。
最後のリーグ戦が終わったとき、力が抜けてしまい、泣けて泣けて仕方がなかった。
まったく不本意な成績だった。チームも自分も。

 自分としては4勝1敗の1年春から、勝率は下降線をたどっていた。
学年があがるにつれて満足なテニスができなくなっていた気がする。
苦い思いがよぎる。


 もしも、今回のリーグ戦で、「痛恨の・・・」を感じた人がいるなら、
あなたには幸いにも、まだ「次(秋)」があるのだ。

 主将をはじめとして、部の幹部の学年の選手たちは、その責任も重かったことと思う。
自分のことだけ考えているわけにはいかず、
のびのびとしたテニスができなかったかもしれない。

 どうか、どうか重い鎖をはずすことができますように。
元気よく、明るい笑顔でいちばんいいテニスができますように。

まだまだ、うつむくな。
顔をあげて前を見据え、自信をもって進んでほしい。

まだまだ、進むべき道があるのだ。



関東学生リーグ戦

こんばんは。
 本日、母の日でございます。
新宿駅の人ごみのなかで、若い男の子がプレゼント用のカーネーション一輪を、
胸の前にしっかり持って大事そうに歩いていました。
なんだか微笑ましいシーンでした。


 学生の関東リーグは、初日が雨で足掛け3日にわたることになりました。
本日5月14日、第2日目です。現地白子へいってきました。

 白子というところにはテニスコートがたくさんあります。
そしてその見渡す限りのテニスコートで、ソフトテニスの試合が行われ、
あるいは練習用コートとして使われているのです。
しかも全部大学生。

 今回は試合進行の関係で、母校の試合に待ち時間があり、
あちこちの部を見に行くことができました。

 こんなにたくさんソフトテニスを愛する大学生がいます。
部員数が減っているという話もありますが、
よく見ると、テニスコートの横幅以上に並んでいる学校も多くあります。

 この学生たちがみなソフトテニスをずうっと愛し続けてほしい。
そして学生の間も、社会人になってもラケットを握り続けてほしいと、心から思いました。


 そして、3日目、明日に持ち越しです。
学生たちはそのまま残るのですが、監督・コーチの方々は社会人の場合が多いと思います。
月曜は仕事なので帰らなければならないかたがほとんどでは。
順位の決まる最後の1、2戦を直接指揮できないのは、なんとも残念ですね。お察しします。

 明日はみな、力を出し切れるでしょうか。
さわやかな気持ちで結果を受け止めることができるようなテニスをしてほしいと思います。


20060503クラブ戦/0505個人戦

こんばんは。
ご心配をおかけしました。おなかの具合はだいぶよくなりました。
もう、食事もバクバクまではいきませんが、ぱくぱく食べられます。
ついでに、今年は少し太りぎみだったので体重を調整しようと思います。


 さて、少し前の試合の話ですが、紐解いてみます。

まずクラブ戦(団体戦)。

 今回は、主力メンバーに体調不良者が出ました。
2名(ひとペア分)いないと、これはイタイです。
思い切ってオーダーやペアを変えようとしていましたが、それもままなりませんでした。

 組み合わせ的には、今回は比較的ラッキーだったと思うのですが、
そのチャンスを活かせませんでした。残念。
1勝2敗で4チームリーグのうち3位。昇格も降格もありませんでした。

 2敗はいずれも1点取っての3番勝負。
これまで1点を計算できるペアを常に1番にしてきました。
とにかく先勝して、チームに勢いをつけようとの意図がありました。
 しかし、そろそろそのペアも、本当の意味の大将にならなければいけないかもしれません。
1番が負けてきても必ず勝って、いい雰囲気で3番勝負につなげられるような、
そんな役割を果たせるように、成長していかなければ。

 私たちのチームはメンバー6人が固定しているわけではありません。
全員が少しずつでも、力をつけていきたいのです。
ひとりひとりは少しの伸びでも、その伸びが全員分合わさると、
チームとしての大きな力になるのではないかと思います。

秋には全員がベストの状態で臨みたいと思います。秋こそは昇格するぞ。


そして個人戦。

 私は2戦目が鬼門です。
1戦勝つと安心してしまうわけではないのですが。
このところ、2戦目で敗退というつまらない癖がついてしまっています。
今回は1回戦シードで、2回戦に勝ち、3回戦で振り切ってこられて負けてしまいました。

集中力が切れたわけではないと思います。
欲がでるのかもしれません。

勝ちきれないのは、何かが足りないんだな・・。
来月も試合に出られることになったし、頑張ろうと思います。

極秘(?)プロジェクト その2

こんばんは。

 連休が終わり、普通の、仕事中心の生活に戻ったとたん、
おなかの調子が悪くなったぴーです。
ほんと、マジでおなかが ぴー。(冷汗


 さて、アゴイ!さんの東京遠征にあわせ、
メールアドレスがわかる範囲のかたがたに突撃隊への参加を呼びかけるメールを送信しました。

   今回、お誘いできなかったかたがた、申し訳ございません。
   アゴイ!さんは、きっとまた東京遠征なさると思いますし、
   また、BRIDGE九州遠征隊が結成されることもあるかもしれません。
   そのときはぜひぜひご参加くださいね。


 ゴールデンウィーイクの真っ只中、
テニスの予定がある人も多いでしょうし、
なかなか都合があう人は現れないかなと、心配していましたが、
笑行陣さん、さすらい人さん、べちさん、冬のアナタさん が
手をあげてくださいました。
ここに笑行陣さんを隊長に、突撃隊が編成されたのでした。

   ご都合があわず、残念ながら参加できない旨ご連絡をいただいたかたもありました。
   突撃当日、直接ご連絡くださったかたもありました。
   どうもありがとうございました。



 アゴイ!さんの顔色はよく、奥様もお元気で、
とても大きな手術をなさったようには見えません。
一同ほっと胸をなでおろし、快気祝いの小宴となったのでした。


 ソフトテニスを通じ、このBRIDGEを通じ、多くのかたと知り合うことができ、
仲間が増えました。ほんとうに嬉しいことです。
そしてみなさん心やさしいかたばかりで、胸が熱くなります。


 今回、アゴイ!さんに捧げるもうひとつのプロジェクトがありました。
突撃隊隊長、笑行陣さんが 「詩」をつくってくださったのです。
お許しを得たので、ここに紹介します。


   【地上の橋】

風の中の羽田
BRIDGEの仲間
みんな何処かへ行ったが 見送る仲間ここに
熊本のフェニックス(不死鳥)
連合いはヴィーナス
みんな何処かへ行ったが 見送る仲間ここに
地上にある橋を みんなみんな信じて
仲間は復活を信じてた
アゴイよブリッジの仲間に教えてよ 地上の橋を
アゴイよ地上の橋は今 ここにあるだろう

コートのフェニックス(不死鳥)
学校のジムジー
みんな何処かへ行ったが 見送る仲間ここに
いつまでも夢を追って 輝く仲間を追って
君は果報者でなかとね
アゴイよブリッジの仲間に教えてよ 地上の橋を
アゴイよ地上の橋は今 ここにあるだろう

いつまでも夢を追って 輝く仲間を追って
君は果報者でなかとね
風の中の羽田
BRIDGEの仲間
みんな何処かへ行ったが 見送る仲間ここに
アゴイよブリッジの仲間に教えてよ 地上の橋を
アゴイよ地上の橋は今 ここにあるだろう





 フライトの30分前、アゴイ!さんは奥様とともに出発ゲート内に入っていきました。
ぜひ、またお目にかかりましょう!


 その後、突撃隊の5人は、品川の夜に消えたのでした。
そしてぴーは、おなかが ぴー ・・・。(自爆)


極秘(?)プロジェクト

こんばんは。

 連休中、テニス三昧のかたも多かったことと思います。
私もほんのり?日焼けしました。
なぜ前腕と手の甲だけこんなに焼けるんでしょ・・・(泣


 さて、4月中旬、アゴイ!さんが連休中に上京することが判明しました。
アゴイ!さんご自身がブログに書いていたとおり、胸の手術をなさったばかりです。
それなのに、飛行機に乗って東京に!

 これはぜひお元気なお顔に会わなければ。
また、もしも全快というわけにいかないのならば、元気をだしていただくよう
みんなで励まさなければ・・・。

と、計画されたのが、

「アゴイ!さん上京記念、帰りのフライト直前に急襲して後髪を引っ張る小隊・突撃プロジェクト」

でした。

 え、タイトルにある極秘? なにが極秘って?
え~っと、誰がこの突撃隊に参加するかを アゴイ!さんに知らせていなかったことで~す(笑)

 そう、4月下旬ころ、極秘のうちにこのプロジェクトが進行していたのでした・・。

つづく。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。