SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京のがっこの先生がた、試合です。

こんばんは。
今回のブログは、この場を借りて教員大会のお知らせです。


 名古屋、大阪、東京の三都市の教員の先生方が集まって、毎年夏に大会が行われています。
 すでに52回めを数えるそうで、出場者のなかには、かの稲垣選手(先生)もいらっしゃる(った)という話も・・。

 東京の出場選手を広く募っているそうなので、お知らせしたいと思います。


  第52回東京・名古屋・大阪三都市教員ソフトテニス大会

8月11日(金)   練習、レセプション
  12日(土)   開会式9時  試合10時~  団体戦
  13日(日)   試合9時~  団体戦残り と 個人戦

山梨県 山中湖 平野
山中湖プラザホテルテニスコートにて

男子は一般、成年、壮年 の種目分けあり。女子は種目分けしない。



 詳細(要綱など)をご希望のかたや、興味をお持ちになったかた、
お問い合わせなどは、下記アドレスまでメールにてご連絡ください。
折り返し、幹事よりご連絡します。

 その際、現在の勤務校、ご自身の出身校、卒業年度 などをお知らせいただくと、
よりスムーズに話が進むと思います。


 この大会は、各地の教育大学が集まり夏のインカレ後に行われている 
「全国教育大学ソフトテニス大会」から発展した大会で、
当初は、愛知教育大学、大阪教育大学、東京学芸大学 のOB・OGが発起人となって始まったものと思われます。
 それにしても、52回を数えるとは歴史のある大会なのですね。

 現在は、出身大学にかかわらず多くの方々の参加があるようですが、
それでもなかなか都内のすべての先生方に広報・告知することができず、
幹事さんはあらゆる方法にて参加者を募っているとのことです。

 そこでぴーもお手伝い。
ちなみにぴーは学校の先生ではありません。
したがってこの大会には参加いたしません。お知らせのお手伝いのみです。

お問い合わせはこちらまで  santosikyoin@aol.com

 現在ソフトテニスを指導しているかどうかは問わないそうです。
あくまで、自分たちの試合&親睦がメインとのこと。

お問い合わせをお待ちしています。
スポンサーサイト

20060618雨中のミックス

こんばんは。

 試合当日の夜は、サッカーの試合に一喜一憂し、
翌日の夜は、急激に発生した『おなかぴー』に悩まされ、
今回は、じすた氏よりも早くアップしようと思ったのですが、結局遅くなってしまいました(笑)


 国体最終予選がにぎにぎしく行われていたその日、そのウラで、(どっちがオモテ、ウラってわけでもないですが)
某総合運動公園でもウエアびしょびしょの死闘(?)が繰り広げられていたのでした。

 試合の詳細は、じすた氏のブログをごらんください。
今回も対戦相手は若者たちだとわかっていましたから、
「熟練の技を見せちゃるわい」と、前日までは思っておりました。
ところがどっこい、勝ちたいがために気持ちがはやってしまったですね。
じっくりゆっくり構えていることができませんでした。
自分から「かかっていっちゃった」って感じでしょうか。

 しかし、前衛の私がなんだかバタバタしているときは、じすた氏のサウスポー特有のストレートや逆クロスへのパスが火を噴きました。ひゅ~♪

 でも、私はネットの向こうを見ているので、
じすた氏がどんなにかっこよくパスを放ったかを見ることができませんでした。
それが残念のひとつです。

 もうひとつの残念は、やはり負けた試合。
自分の悪いレシーブがとてもいけなかったです。
あんなに中途半端なレシーブをしていては、相手のペースになってしまいます。
おっきな、特大の課題です。

 でも、ま、上手な前衛さんのいいプレーに負けたというのが、
救いというか、なぐさめというか。
男女、世代を問わず、うまい前衛さんに出会うとうれしくなります。

 今回優勝の前衛さんも、私がときどき試合に出ると必ず参戦している人です。
いつもほがらかで、テニスがほんとに好きなのだなと思います。
ぜひがんばってほしい人のひとりです。

 私も、もっと精進しまする。リベンジだ。リベンジ。
あー、そのまえに『おなかぴー』を全快にしないと。

 最後に、じすたさん、どうもありがとうでした。
ボレーのあげボールも、今回はばっちりでした。
早めに切り上げようとしていたのは気のせいだよね・・・(笑

不安をなくす

こんばんは。

 今朝、通勤する電車のダイヤが乱れました。
職場の最寄り駅に着いたのが、始業の8分前。
いつも電車の到着から自分のデスクにつくまで、10分ほどの距離です。

 一瞬迷いましたが、本日のヒールは低いし、ええいっと思って走ったでございます。

 400メートルトラック1本弱でしょうか。
ぜーはーしてだめなんじゃないかと思っていましたが、案外走れました。
その後の呼吸の乱れもあまりなかったし。(額に汗してたけど)


 ちょっとしたことが心の自信になるものですね。


 またアマチュアゴルファーの話で恐縮ですが、
「後輩と対戦するときは・・・云々」の話を私とした翌日、
それがきっかけかどうか、とてもいいスコアでまわれたのだそうです。

 「なんとなく、自信がついてきた。
自信がついてきたというより『不安がない』というほうがあってるかな。」
と言ってました。

 ふむふむ。
不安をかかえて試合に入らない。
その前に不安を消しておく。前日までに不安なところは確認・調整しておく。

 ふむふむ。なるほど。妙に納得したのであります。


 試合前日、ゲーム練習するのも一理ありますが、無意識にむやみにするのは
あまりいいことではない気がします。
落ち着いてひとつひとつの技術・戦術を確認するのもまた一理。

 最近は雨が多いので、前日ボールを打てない場合もあります。
ひとつひとつの技術の具体的ないいイメージをしっかりもって試合に入れたらいいな 
などと思う今日このごろです。

続・ちょっとつぶやいてみた。

こんばんは。

 友人のアマチュアゴルファーに先日の国体予選の一件を話してみました。
「日曜の試合で負けたあと、水曜くらいから悔しくなってきた」 と。

 状況がよくわからないから一概には言えないけど と前置きされたうえで、
「後輩と対戦するときこそ、(言葉は乱暴だけど、)
つぶしにかかるくらいの気迫で対戦するべきなのではないか」
と言われました。

 実は、ほかの人からも同じようなことを言われたことがありました。
「後輩が試合の対戦相手になると、(後輩にがんばってもらいたいし)本気で倒そう・勝とうと思えない」と相談したときです。

 まったく私が甘ちゃんだったわけで。
そんないいかげんな気持ちで対戦している相手(私のこと)に勝っても、
後輩にとっては全然プラスになっていないわけで・・・。

 
 次の試合までに、しっかりと気持ちを整理して臨みたいと思います。

ちょっとつぶやいてみた。

こんばんは。

 先週の試合からへばりの月曜を越え、なんとか週末に突入です。
先週の試合がそこそこよかったので、電車の中などで、時々思い返していますが、
実は、日にちがたつにつれ、どんどん悔しくなってきます。

 確かに、若い後輩相手だったとはいえ、もう少しできたかもしれない。
G1-2までは、内容も悪くなかった気がするし。
それ以後は打たれ放題だったけど。
(あ、それは相手が本来の力を出してきたってことか・・)

でも、でも。

 ここ数年、試合に出られてうれしいと感じてそれで満足し、なかなか勝ちあがることができていません。
若い人たちががんばっている、うれしいなぁ 上手だなぁ で終わっておりました。

自分が勝ちあがれなくて悔しいとは、久しぶりに感じる気持ちであります。


 本当に勝とう、勝ちあがっていこうと思ったら、どうしなければいけないかは、
ある程度はわかっているつもりです。
今がんばっている人たちに対して恥ずかしく、申し訳ない言い訳なのですが、
今はその道に突っ込んでいく勇気がなく、また、突っ込める状況ではないなと、
いろいろなことも踏まえて考えています。

 私が目いっぱいがんばった(がんばれた)のは、15~22才くらいまでってことでしょうか。
長い人生、人によってその時期はさまざなわけで。

 でも許されるなら、いつか、もう一度『超~満足!』という試合をしてみたいです。
しなければやめられませんね。そのために、少しずつでも精進したいものです。


 夏のレディースの全国大会、わが地区の代表が決まったようです。
強そうだぞ~。
心から応援したいと思います。

業務連絡・OB会

こんばんは。

 テンプレートを変えてみたら、
変えた当初よりも見るたびにどんどん気に入ってきてしまい、
用もないのに、自分のページを何度もクリックしているぴーです(爆)

 さて、じすたさん・たかさっきーさんの母校でOB戦があったそうですね。
おつかれさまでした。
やはり元の自分に戻れる場所があるというのは、うれしいことですね。

 私の母校も今月OB/OG会がありますです。
もしもこのブログを見てくださったかたで、もしやぴーと同じ学校だぞと思う方は
(24日と思われまする。詳細は母校のHP掲示板をご参照ください)
ぜひぜひ行きましょうね。きっと楽しいことでしょう。

 高校のOG会もたぶん夏休みに。これまた楽しみだな~。
こちらは現役との対戦ではなく、これまではOG同士の個人戦が行われています。
試合してるうちにどうしてもアツくなっちゃうっていうのが、
なんともおもしろいです。やはりみんな負けず嫌い(笑)
 もしも、もしも、このブログを見てくださってるかたで、もしやぴーと同じ学校だぞと思う方は
(高校のOGで見てる人がいるとしたら、すごいな。どうやって知ってくださったんだろう)
ぜひぜひ行きましょうね。きっと楽しいことでしょう。


20060604国体予選

こんばんは。

 昨年に続き、しつこく(爆)国体1次予選にチャレンジしてきました。
幸い、雨に降られずにすみましたよ。

 昨年は35歳以上のカテゴリーでしたが、今年はそれが撤廃されましたので、
若い若い人たちの中にこっそり参加。同化してるように見えましたかしら(笑)

 結果から先にお知らせすると、
残念ながら1勝1敗の2位。2次予選には各ブロック1位のみ通過でしたので、1次予選落ちとなりました。
ここから先は、若い世代に託すことにします。

 あとから教えてもらったことですが、
あっちのコートも、こっちのコートにも、高校の後輩たちが参加していたとか。
(もちろん、後輩の名を全員把握しているはずもなく、最初はまったくわかりませんでした)

 よく考えたら、地元高校の卒業生が国体予選に多いのは当然といえば当然ですね。

 私が卒業したすぐの頃などは、学校創設からまだ数年のころでテニス部OGの数もそれほど多くなく、国体予選に出る人はほんとうにまれでした。
それを思うと過ぎてきた歳月を感じ、そして、卒業後も続けているOGが増えたのだなと嬉しくなりました。


 もちろん、今日の試合には高校の後輩たちだけでなく、同じように頑張っている人たちがたくさんいました。それはもう、頼もしく感じたわけです。

 来週以降の2次予選、3次最終予選には、ナガセケンコーの選手も出てきます。
力の差があるのかもしれませんが、それでも、「なにするものぞ」の気持ちで、自分の力を試してほしいと思います。


 年代の少し下の人たちに混ざって試合すると、
「相手は若いんだから、負けてもともとだわ」
という気持ちが働くのか、精神的には非常に楽に試合に入れます。

 でも、さわったボールは確実に決めないといけませんね。
これは純粋に私の練習不足。
ボレーもスマッシュもフォローされる確率が高く、おまけにミスもあります。

次の試合までにきっちり修正・調整して、臨みたいと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。