SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20060604国体予選

こんばんは。

 昨年に続き、しつこく(爆)国体1次予選にチャレンジしてきました。
幸い、雨に降られずにすみましたよ。

 昨年は35歳以上のカテゴリーでしたが、今年はそれが撤廃されましたので、
若い若い人たちの中にこっそり参加。同化してるように見えましたかしら(笑)

 結果から先にお知らせすると、
残念ながら1勝1敗の2位。2次予選には各ブロック1位のみ通過でしたので、1次予選落ちとなりました。
ここから先は、若い世代に託すことにします。

 あとから教えてもらったことですが、
あっちのコートも、こっちのコートにも、高校の後輩たちが参加していたとか。
(もちろん、後輩の名を全員把握しているはずもなく、最初はまったくわかりませんでした)

 よく考えたら、地元高校の卒業生が国体予選に多いのは当然といえば当然ですね。

 私が卒業したすぐの頃などは、学校創設からまだ数年のころでテニス部OGの数もそれほど多くなく、国体予選に出る人はほんとうにまれでした。
それを思うと過ぎてきた歳月を感じ、そして、卒業後も続けているOGが増えたのだなと嬉しくなりました。


 もちろん、今日の試合には高校の後輩たちだけでなく、同じように頑張っている人たちがたくさんいました。それはもう、頼もしく感じたわけです。

 来週以降の2次予選、3次最終予選には、ナガセケンコーの選手も出てきます。
力の差があるのかもしれませんが、それでも、「なにするものぞ」の気持ちで、自分の力を試してほしいと思います。


 年代の少し下の人たちに混ざって試合すると、
「相手は若いんだから、負けてもともとだわ」
という気持ちが働くのか、精神的には非常に楽に試合に入れます。

 でも、さわったボールは確実に決めないといけませんね。
これは純粋に私の練習不足。
ボレーもスマッシュもフォローされる確率が高く、おまけにミスもあります。

次の試合までにきっちり修正・調整して、臨みたいと思います。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。