SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20060717雨中のミックスふたたび

こんばんは。
怒涛のサンレンチャン後の大へばりのぴーでございます。

 腰が重い、ふくらはぎは痛い、背中もばりばり。情けなや、情けなや・・・。

 連休最終日は某区のミックスの大会にじすた氏と出てきました。
リベンジを誓ったはずが、前回とほぼ同じような結果となりました。

 しかもー、私たちが入るときって必ず雨が降った気がする・・。
やんでるときもあったのにぃ。

     (- -;)

 でも、これまでの個人戦での「2戦目が鬼門」から、どうやら「3戦目が鬼門」に変わりつつ
あるようです。少し喜ばしいことです。


 それにしても、やはり自分のレシーブが悪すぎ。
もっといいレシーブしてたら、取るべきゲームがきちんと取れてたと思います。

 昔教わったことに、前衛は実はレシーブが5割なのだ ということがあります。
 逆クロス側でレシーブする人(通常は前衛)は、必ず、そのゲームを左右するポイントで
レシーブがまわってきます。

 ゲームポイントであったり、逆にマッチを握られていたり。
その前にP0-1で回ってきたら、もう1本突き放したいところだし、
P1-0で回ってきたら、取り返して1-1にしたいところだし。
P2-1で回ってきたとき、そのポイントを落としたら、3-1になってしまうし。

 常に大事なところで回ってくる前衛のレシーブは絶対ミスしてはいけないし、
できるだけ効果のある返し方をしなければいけないわけです。

もっとレシーブを強化しないと・・・。


 ちなみに前衛の役割、5割がレシーブで3割がポジションです。
残りの2割がボレーやスマッシュ。

 教わったのは昔ですが、今でも肝に銘じてテニスしてるつもりです。
でも、レシーブが・・・(泣
練習しよ。


 試合の詳細はじすた氏のブログをごらんくださいませ。
私は、今から腰にシップを貼るので、これにて失礼いたします(爆)

結論:「サンレンチャン」は、できないことはないがあとがつらい。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。