SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感動したっ!

こんばんは。 今回はテニスの話はお休みです。

 あっと気づくともう11月も終わりじゃないですか。
あとひと月で今年も終わり、すぐに新年を迎えます。
 お正月、お正月といえば、テレビにかじりついて駅伝を見て、4日には高校生のインドア大会、
中一日で関東大会、そのままトップ選手の東京インドア、
ほかにも合間にいろいろなスポーツのテレビ観戦と、
毎年、スポーツ三昧のお正月となるのです。

 だからというわけではありませんが、関東大学の駅伝「箱根駅伝」を題材にした小説を読みました。

 今月文庫化されましたから、いま本屋で平積みにされています。
本屋で見た人も、すでに読んだ人も多くいるかもしれません。
私、この本は、ハードカバーで出版された3年前に数ページ立ち読みしただけで、
「文庫になったらぜひ買おう・・・」って思っていたものです。
(せこいって、い、いや、電車の中で読みたいけど、大きい本は重たくて・・笑)

安東能明(あんどうよしあき)氏 の 『強奪 箱根駅伝』です。

 箱根駅伝は、日本テレビがのべ12時間以上をかけ、2日間に渡りレースを生中継するという、
製作側にとっても、視聴者側にとっても、また、選手にとっても大きなイベントなのですが、
そのレースにからめて誘拐事件がおきます。犯人は身代金の要求だけでなく、生放送の電波をもジャックしようとしています。

 どきどきはらはら、2日間のレースの間に人質を助けることができるでしょうか。また、犯人を逮捕できるのか。放送は最後までできるのか・・・。
最後にはやはり学生のスポーツもの、自分が学生だったころも思い出したりして感動、感動でございました。


 帰宅時の上り電車。あいている座席があるにもかかわらず立ったまま、
ドアの外を向いて、文庫本を開いて両手で握り締め顔の正面に持ち、
目から涙がこぼれたら恥ずかしいから、少し上を向き気味で両足を踏ん張って、鼻をくしゅくしゅ言わせていたのは、ぴーでございました(爆)

 あーおもしろかったっ。


スポンサーサイト

前衛の話(1)

こんばんは。

 少しずつ寒くなりますね。近所の公園はとてもいい感じに紅葉しています。
そういえば、お茶の伊藤園の営業車を見ると、ヨネックスの車だー と思ってしまうのは私だけでしょうか。
(だって、色が同じなんだもの・・・)

 さて、前衛ちゃんの話。
自分の頭にあることをまとめながら少しずつ書いてみます。
私もまだまだ勉強途中なので、いろいろコメント、ご指導願います。

 クロス展開で通常のポジションにたっていて、ふいにサイドに打たれたとします。
サイドに打たれると思っていなかった場合は、とっさに反応するだけになると思われます。
あっと思った瞬間反射的に身体を左に開き、ネットと肩の線が45度になるようにできたら、
バック側にスムーズにラケットが出ます。(ひじがあがってラケットを回すように出してはいけません。それはまた別の機会に)
さらに左足(左ひざ)のばねを使って(一瞬体重をかけて)地面を蹴ることができたら、
身体から少し離れたボールにもさわることができるでしょう。

 このとっさに届く範囲を「一歩でとれる範囲」とします。(名付け親は恩師でございます)
実際は瞬間すぎて左足を踏み出すことは不可能かもしれません。
0歩かもしれませんが、バックボレーの軸足になるという意味で一歩とします。

 「一歩でとれる範囲」が広ければ広いほど、その人は通常のポジションを中にすることができます。

 「サイドに打たれても届く」 という自信のもとにポジションをとるなら、
相手後衛に対して、精神的に優位に立てるのではないかなと思うのです。

 左足の軸足が決まってからボレー(打点)までの距離を伸ばす。
より遠くも届くようにする。(軸足に体重が乗っていれば近くも取れるという前提です)
そういう練習って、なかなかしないかもしれませんね。

 それと同時に、予測していなかったコースにきたときの対応、身体のこなしを経験しておく練習。
普段の練習はあげボールがどこにでるかがわかっている約束練習が多いですから、約束ではない、どこにくるかわからないあげボール という練習も
あってもおもしろいと思うのです。

つづく。(つづきがいつになるかは不明・・・汗)



ひとりごと。

こんばんは。

 今日は雨が心配される天候でしたが、なんとか降らずにすみました。
練習できた。よかったよかった。

 テニスのことを言葉で話すって難しい。
私はどちらかというと、ミスター長嶋さんふうのようで(!?)
「おりゃっ て、こうやればいいんだよ」なんて、
話を聞く側には、わけのわからない話になっているんだろうな。

結構自分の頭のなかでは整理できているつもりなんだけれどね。

 ま、そんなふうに理路整然と伝えることができる人だったら、
きっとどこかで後進の指導にあたっていたことでしょう。


 でも、私がテニスをすることで、私の自己満足だけでなく、
もしかしてどこかで誰かの役に立っていたとしたら、嬉しいかぎりです。

新しい地元

こんばんは。

 先日、地元の自治体の長を決める選挙がありました。
引越ししてから初めての選挙です。
つまり、これまでとは異なる投票所にいくわけですが、投票所というのは、たいてい地域の学校が会場になります。

 坂道の途中の小学校が、私がいく投票所になっていました。

 引越してきてからもうすぐ1年半。
よく考えてみると、近所の住宅街の中など歩いたことがありませんでした。
風が強かったけれど、日差しもあった日曜日。
厚着をして、おろしたてのブーツを履いて、出かけてみました。

 小学校までの初めての道のりが、とても新鮮で、楽しかったです。
決して新しい街ではないし、路地もせまくて行き止まりもあったりするのですが、民家が多く緑もあるせいでしょうか、なんだか落ち着いた雰囲気です。

 小学校は、校庭にあるブランコなどの遊戯物がみな小さくて、校舎もこじんまりしています。
土でもコンクリートでもなくて、ゴム張りのような校庭には100mくらいのトラックがあり、その中にしっかりテニスコートもありました。
 教室の机といすが、これもまた小さくて、小学校ってこんな感じだったかしら・・・と感慨深く、いろいろと、じーっと見てきてしまいました。


 自分が幼少期を過ごした場所を離れたのは、高校3年のとき。
ずいぶん以前の話です。でも、子供のころに遊んだ場所というのは、いつか戻りたい場所のような気がします。
もういけないなと思っていましたが、この坂道の途中の小学校になんとなく懐かしさを覚えました。

 この地域でこれからも暮らしていきます。
ここで、ずっと、静かに、平和に暮らしていきたい。
そんな気持ちになった日曜の午後でした。

くやしい思い出

こんばんは。

 明日の予定が少しゆるくなったので、缶入りのスクリュードライバーをなめてみました。
(なぜかストックしてある)
オレンジベースなので、おいしいですね♪
少しいい気分です。

 でも、なぜかくやしかったことを思い出しました。


 昔々、3番勝負に出たら負けたことがなかったのに、大きな大事な試合で負けてしまったことがありました。

 (今は、しょっちゅう3番勝負で負けてます。先日の東京都クラブ戦でもそうだったし。あーごめんよみんな。泣)

 当時の私たちにとっては、それは大事な大事な、「この試合のためにやってきたんだ」と言い切れる試合でした。
でも、力を出せずに敗戦。

 それからしばらくの間は、夜、布団に入るとそのことばかり考えて、胸をかきむしられるような思いをしたものです。
 個人戦ならともかく、団体戦であんな負け方して。チーム全体が優勝めざしてがんばってきたのに・・・。みんななぐさめてくれるけど、本当は顔向けできないよね・・。など、いろいろ考えてしまったものでした。


 その後、心が落ち着いたのはいつ頃だったでしょうか。だいぶ時間がたってからだったと思います。

 事実上の決勝といわれたその試合。確かに優勝したチームに1点とったのは私たちだけでした。
そのチームと3番まで対戦したところは、ほかになかったのです。
3番までまわしてくれたチームメイトに感謝なのだなと、すごくあとになってから気づきました。

 う~ん、うん十年たった今でも、やはりくやしいかな。
できるものならやりなおしたい。いや、やりなおしできないからいいのかな。

その思い出があるから、今でもしつこくがんばってるのかもしれないです。


 もしも、試合の結果でへこんでいる人がいたら、それはきっと時間が解決してくれます。へこんだ(負けた)事実から逃げなければ、きっと次のチャンスが訪れると思います。がんばれ。

20061104/05団体戦

こんばんは。

 先日の連休、全日本クラブ選手権に参加してきました。
年間3回ある団体戦の、まとめの3つめ。
なんとかいい結果を出したいところです。

 しかし残念なことに、仕事だったり、体調不良だったり、
おめでただったり(これはおめでたいこと)と、
さまざまな要因でメンバーが揃いませんでした。
そこで少数精鋭?にて参加してきました。

 今後のこともあるのであまり書けませんが、(もったいぶってもたいしたことないけどね)
チームとしての骨格が少し見えてきた気がします。
どういうチーム構成にしていけばいいのか。勝利の方程式をどうつくるのか。

 正直いうと、今回は結果が出ませんでした。
でも参加したメンバーには薄々とは感じてもらえたのではないかと思います。
私も、メンバーのいろいろなこと、さらなる発見をしました。
2日間一緒にすごして、信頼が深まった気がします。

 来春まで少しずつでも精進してがんばれば、いいことがあるかもしれない。
前にも書きましたが、やはりポイントはぴーです。ぴーがガッチリ・・・!


 今年から会場が白子になりました。
白子デビュー!
さすがに使いこなされているテニスコートのようで、すべって転んだりはしませんでした。
私は、有明のコートでも、大宮のコートでも、狭山のコートでも、大学の東門のコートでも、
オムニではたいていすべってひざをすりむいていました・・・。はて。
やはりペンギンのような走りかたがいけないのかしら・・。

 ありがたいことに、女子は予選(初日)がすべてメインコートで行われました。
いきなりメインで試合です。うれぴぃ・・・。

 できたこと、できなかったこと、いろいろありますが、
やはり気持ち。試合中の気持ちですね。

 あきらめているとは違うのですが、でも、「勝とう」という気持ちでもない、
淡々としすぎかもしれない。
普段のテニスに対する姿勢がそのまま出ちゃいますね。
いつも「勝てなくても当たり前」になっちゃっていることに気づきます。
「負けること」が悔しいから、「勝とう」としないのかな。
あまり練習してないからできないことが多く、「しかたないよ」って自分を納得させている。

 でも、それではつまらないのだということも、自分でわかっているのです。

 やはり競った試合になったら、声がでてました。
高校時代のような「よ~しラッキィ!」(グリコのようなポーズ)も出ました。

(オイオイ、もうすぐシニアのお○さんなのに・・・
 こんな大きなガッツポーズ、しかも相手に向かって。
 もしかして今のルールだとイエローカードか?
 でも、昔はみんなそうだった。身体が覚えてるんだもん)

などと内心思いながら、クスリと笑ってしまいました。
2日目の4位(最下位)トーナメントなのに、こんなに必死にやってる私。

 でもね、ソフトテニス楽しい。まだやめない。絶対やめないぞ。

明るく帰路についたのは言うまでもありません。

関東リーグ その2

こんばんは。

 今年の秋リーグには、実は大切な使命がふたつありました。
ひとつはもちろん後輩の応援ですが、
もうひとつは、アゴイ!さんのご案内役でした。

 監督の役目がない私は、もともと日曜に日帰り観戦の予定でした。
アゴイ!さんも日曜におでかけとわかり、私が乗車予定の乗り換えの少ない電車を紹介したところ、ご一緒させていただけることになったのです。
(ほんとは私に車の免許があれば、ぶう~んってお連れできたのですが、
残念ながら免許もってませんので、電車の旅となりました)

 茂原駅からタクシーには乗らず堅実にバスを待ちましたので、会場到着時にはすでに試合が始まってだいぶたっています。
 アゴイ!さんは1部校男子に知り合いがいるので、まずそちらを案内しなくてはいけなかったのですが、メインコートに行く手前のコートで私の後輩男子が試合をしており、ついつい立ち止まってしばらく見入ってしまいました。

 メインコートについてからも、男子のほうを見る前に後輩女子が試合しているのが目に入り、ついついそちらに足が向き、アゴイ!さんも結局私の後輩の応援をしてくださることに。
すみませ~ん。ぜんぜんご案内役になっていない・・・!

 その試合、高校生みたいに若々しく見える(と某嬢が言ってた)ペアが途中ヘロヘロしながらも最後向かっていって突き放し、次の1年生に見えないくらい落ち着いた試合運びをする1年生がシングルスをとって貴重な勝利をあげました。わーい、やったやった。
3番に出たペアも若いペアです。ところが一見非力かと思いきや、後衛はしっかり打てたボールは深い。破壊力のあるシュートではないですが、深くてコースがいい。それに乗って前衛はそつなくポイントします。勝つことはできなかったですが、今後が楽しみです。

 後輩の試合が一段落したところで、クッキーの父さんとじすたさんがベンチで火花を散らしたというコートへ、アゴイ!さんをご案内。
クッキーの父さんとアゴイ!さん、初めてご対面です。そのあと、じすたさんとも初対面。
これで私の役目完了かな。
 ちなみに監督対決はクッキーの父さんに軍配があがったそうです。

 さらにべちさんとも遭遇。いつもは防寒着を厚く着込んでいるのに、今回は比較的軽装(動ける格好)で、しかもラケット持ってる!
これは「今回は監督業をしてるんだな」とわかりました。
 べちさんの後輩さんは以前学校におじゃましたとき(えりっちさん急襲のとき)は女子が少なかったのですが、今は団体戦に出られる人数になったということですよね。ぜひがんばってほしいですね。

 その後あきらさんとも遭遇しました。最終戦、早稲田大男子のベンチの後ろに陣取って目立ってましたよ~。

 途中、アゴイ!さんとは別行動のときもありましたが、あちこちに連れまわしてしまいました。すみません。
後輩の応援もしていただき、感謝いたします。


 大学生のリーグ戦を見るたびに、いつも初心に帰れるような気がしています。一緒になって声をだして応援したり、自分のテニスを振り返ったり。
すごく上手な選手をみて、私にもできるかな~なんて思ってみたり。

 次にラケットを握るときに、気持ちをあらたにして臨めそうな気がするのです。

 次?次って、私、また白子にいきます。全日本クラブ選手権です。
なんと私、今さらですが白子デビュー!試合するのは初めてです。
不慣れなオムニだから、転ばないようにしよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。