SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


くやしい思い出

こんばんは。

 明日の予定が少しゆるくなったので、缶入りのスクリュードライバーをなめてみました。
(なぜかストックしてある)
オレンジベースなので、おいしいですね♪
少しいい気分です。

 でも、なぜかくやしかったことを思い出しました。


 昔々、3番勝負に出たら負けたことがなかったのに、大きな大事な試合で負けてしまったことがありました。

 (今は、しょっちゅう3番勝負で負けてます。先日の東京都クラブ戦でもそうだったし。あーごめんよみんな。泣)

 当時の私たちにとっては、それは大事な大事な、「この試合のためにやってきたんだ」と言い切れる試合でした。
でも、力を出せずに敗戦。

 それからしばらくの間は、夜、布団に入るとそのことばかり考えて、胸をかきむしられるような思いをしたものです。
 個人戦ならともかく、団体戦であんな負け方して。チーム全体が優勝めざしてがんばってきたのに・・・。みんななぐさめてくれるけど、本当は顔向けできないよね・・。など、いろいろ考えてしまったものでした。


 その後、心が落ち着いたのはいつ頃だったでしょうか。だいぶ時間がたってからだったと思います。

 事実上の決勝といわれたその試合。確かに優勝したチームに1点とったのは私たちだけでした。
そのチームと3番まで対戦したところは、ほかになかったのです。
3番までまわしてくれたチームメイトに感謝なのだなと、すごくあとになってから気づきました。

 う~ん、うん十年たった今でも、やはりくやしいかな。
できるものならやりなおしたい。いや、やりなおしできないからいいのかな。

その思い出があるから、今でもしつこくがんばってるのかもしれないです。


 もしも、試合の結果でへこんでいる人がいたら、それはきっと時間が解決してくれます。へこんだ(負けた)事実から逃げなければ、きっと次のチャンスが訪れると思います。がんばれ。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。