SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前衛の話(2)

こんばんは。

 今夜はこれまでよりも一段と冷えています。
かぜひかにようにしなくでは。ノロウイルスにも気をつけましょう。
明日ぴーは、第1回目の忘年会です。飲みすぎに注意しよ。


 さて、アゴイ!さんの最近のブログに前衛のことをうたった詩があります。
コメントでクッキーの父さんも触れていましたが、

  >相棒がクロスに差し込むようなストローク
  >その速さに負けまいと 体勢をととのえ
  >打とうとする相手後衛
  >負けまいとするゆえに 俺の姿を見失う
  >するどいが するどいがゆえに
  >俺の存在を忘れた打球

 ここのところです。
主人公「俺」はこのチャンスを逃さずにポーチボレーにいって
みごとにナイスボレーでポイントします。


 ゲームはどうしても後衛どうしのラリーが主体となって組みたっていきます。

 後衛たちは、お互いに相手には負けまいとしているわけですが、
そこには、厳しいボールを打たれても打ち返そうとする本能があると思うのです。

 難しいボールはコースを変えるほうがミスがでやすいということもありますが、
後衛どうしのリズムがあってしまったときとか、
打ち負けまいとする後衛どうしの意地のはりあいみたいな部分で、
お互いにお互いのところへ返す(ラリーが続く)状態になる場合が往々にして生じてくると思います。
無意識にラリーになる状態ですね。


 それは前衛にとって、チャンスです。
後衛が無意識に打つ場合は、上記のアゴイ!さんの詩のように、
相手前衛の存在が意識から消えてしまってますから、
ポーチのチャンス!

具体的にあげるとすると、
1)まさにこの詩のように、自分の後衛がいいボールを打って、
相手後衛に余裕がなくパンパーンと反射的にボールを打ちかえすとき、
ほぼ後衛のほうに打ってきます。

2)もうひとつは、後衛どうしが結構気分よくラリーしちゃってるときに、
自分の後衛のうったボールが相手後衛の身体の正面にきて、
ほんの少しだけ回り込み、前足に踏み込んで打つとき、(チャンスボールじゃなくてね)
ほぼ後衛のほうに打ってきます。

(ほかにももちろんあると思いますが)
そんなときに いただき! ってボレーできたらいいですね。

 ゲームの中では、いくつか「ここにしかこない」っていうときがあります。
相手後衛にとって「ここにしか打てない」とき と言いかえてもいいかもしれません。
そのときを逃さずにポイントできたら、ずいぶんと楽に試合が運べると思います。

 できたらいいな、できるといいな。がんばりませう。前衛のみなさまがた!
こんなときもあるよっていう場面があったら、どうぞコメント入れてくださいな。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。