SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


打ち方・球筋・球種などは人によって違う

こんばんは。

 先日の忘年会のとき、参加者のひとりが沖縄で買った「ウコン粒」というのをくれました。
 会の最初にビールで流し込みました。(ビールで飲んだほうが吸収がいいとか。ほんとかしら)
それが効果てきめん。ビール、ワイン、カンパリオレンジを複数杯飲みましたが、
翌日にはまったく影響ありませんでした。
沖縄以外にはあまり売ってないそうで。こんど探してみようと思います。


 さて、前衛の勝負どころの一例を前回書きました。
でも、それが100%そうかというと、そうではない場合もあります。
これは決して逃げているわけではなく、(もちろん書いたことには責任持ちますよ)
ストロークひとつとっても、人によって千差万別だと思うからなのです。

 前回のコメント欄でも、
冬のアナタさんはセンターぎみのボールは回り込んで右に流しやすい。
チヨコさんは、左に引っ張りやすい。
と、意見がわかれています。

 これは「どちらも正解、それが真実」なのです。

 たとえば、まったく同じ球種のあげボールができるマシンがあったとして、
チヨコさんと冬のアナタさんに同じように回り込んで、同じように打っていただくとします。

 でも、打ったボールが同じということはありえないのです。

 なぜなら、チヨコさんはチヨコさんだから・・・って、ここでチャカしちゃいけない(笑)

コホン、

 まじめに書くと、
 まず、ラケットの重さが違う、ラケットの振りの速さが違う。(ここですでに速さ×質量により運動エネルギーが変わってきます)
もちろん体重も違いますね。
それから、ラケットを持つ右手についている筋肉の量が違う、質が違う、つき方が違う、
肩関節、ひじ関節、手首の関節のつき方が違う、腱、靭帯のつき方で関節をどの方向に動かし易いのかが違うと思います。

 手だけではありません。ストロークは全身を使いますね。

 足の骨格のつき方で、意識せずに踏み込んだつま先がどこを向いているかが変わってきます。
足関節、膝関節、足首の関節、それぞれの筋肉のつき方により、つま先を相手後衛に向けるのを自然にできるかどうか。
 もちろん回り込むフットワークにも影響します。

 また、腰や背中などについている筋肉や、骨格によっては、右に打ち易いのか、左に打ち易いのかに影響がでるかもしれません。

 左手の使い方も、人それぞれです。
 さらに、打点を引き付けて打つ打ちかたの人は右に流して打つことは容易かもしれませんが、比較的前で打つ人は流し打ちは難しいかもしれません。

 それからラケットの持ち方(グリップ)の違いもあります。

 ほんとうに数えればきりがないくらい、ひとつのストロークに影響を与える要因がありますので、
極論をいえば、世の中にまったく同じストロークなどありえない、また、どのコース・球種のボールが打ち易いかということも人によって異なるはずだと思うのです。

 すべてがその人の打ち方、どれも正解なのですね。
それもきちんと踏まえたうえで、これからも書いていこうと思います。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。