SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1分間の集中

こんばんは。

 のっけから何ですが、金メダル、とても重たい想いのこもった金メダル。
よくあるのが、歯でかんでいる勝利者たちの写真です。

 表彰式のあとで、プレス・報道の人たちに注文されてそういう写真を撮るのだと思います。
選手たちに罪はないと思いますが、
なんとなく悲しくなるのは私だけ・・・なのでしょうか。
大切なメダルに噛み付いたりして・・。

 べ、別に他意はないです。
 私はそうしたくないなと(金メダル獲れるわけでもありませんが)思っただけです・・・。


 さてさて、
 試合の中で、1回のラリーは何本くらい続くのでしょう。
冬のインドアシーズンになると、ロブを打ち合って長くなるラリーも増えてくると思いますが、
平均して1分もないのではないでしょうか。

 サービスを入れてポイントが決まるまでに5往復くらいでしょうか。
それは30秒くらいではないかと思います。

 多めにみても1回のラリーで1分間。
言い方をかえるとこの1分を集中すればいいことになります。
普段の練習も1分単位でのものがあってもいいのではないかと思います。

 たとえば1分集中の連続打ちや1分間の振りまわしなどです。
最初は30秒でもいいと思います。
打数にしたら1分なら10打、30秒なら5打くらいでしょうか。

 もちろん、前衛だってフォア&バックの連続ボレーや、
ボレーとスマッシュの混ざった連続打ちなどできそうですね。

 とにかくその間は集中してミスをしない。
一球一球しっかり打つ。

 もちろんもっと長い時間の連続練習も必要ですよ。
(夏場によく振り回しの練習しました~)
持久力や長時間のラリー、精神的な粘りを鍛えたりすることに必要ですものね。

 ボールを打つときの集中力をより高めるために、
時間や本数を区切っての練習も効果的だと思うのです。
(練習する本人たちの意識がいちばん必要ですが・・)
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。