SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下手固めはダメです

こんばんは。

 すっかり暖かくなりました。家の近くも桜がほぼ満開です。
満開の桜の下はなぜ心がなごむのでしょうか。
きっと、小さくて可憐な花がたくさん肩を寄せ合うように咲いているからなのではないかと思います。
ひとつひとつは小さくても、まとまれば大きな力になる。
日本人の気質にあっているのかもしれません。

 ソフトテニスのペアも、チーム(団体戦)も同じです。ひとりひとりができることは小さなことでも、
力をあわせてお互いを補い合えば、きっと大きな力を発揮できる。


 さて、先週後輩たちの練習に参加して、実はまじめに「私、これではいかん」と反省しました。
いくら、「お母さんいくつ?ってもう聞けない」ような年の差になってきたとはいえ、先週の私は後輩たちに見せられるような「前衛」ではありませんでした。
 心と身体のアンバランスといいましょうか、頭でわかっているのに身体がついてきてません。あきらかに体力不足。
今週、少し節制してトレーニングしました。果たして成果がでるでしょうか。
ただ、忙しくて少し睡眠不足なのが不安であります。

ま、そんなすぐに成果がでるわけはないかな。さらに継続しようと思います。


 知人のアマチュアゴルファーがよく言うのですが、
「いくらたくさんボールを打ったって、正しいフォーム、スイングで正しく打たなくちゃ、『下手固め』になるだけだからダメ」

 ごもっとも。

 正しいラケットの持ち方、正しいフットワーク、正しい打点、正しいスイング・・・などなど、チェックポイントは多数あると思いますが、
常にベストに近い状態で打つように意識したいですね。

 うまくなりたいのならば、ただ漫然と打っていてはいけないのだとあらためて思います。
練習できる時間の少ない人は特に。
たくさん練習できる人は、よけいに意識して集中して練習したら、効果倍増です。

 ソフトテニス大好きなみなさん、がんばりましょうね!!
スポンサーサイト

若獅子杯

こんばんは。

 今日は学生たちの練習に参加させてもらいました。
ごめんなさーい。頭下げちゃいます。やはりちゃんとした練習は久々だったので、今もうすでに、足が筋肉痛です。
 帰り道、テニスシューズを履きなおそうとしたら、足がつりそうになってしまいました。

 普段、まったくめいっぱいの練習をしていないってことですよ。
ちぇっ。情けなか~っ。キーボードの左には、巨峰の缶チューハイでござる。


 さてさて、以前ブログで紹介した高校生の試合、「若獅子杯」が先日ありました。
男子は観戦できなかったのですが、女子はしっかり見てきました。

 結果詳細は こちらをごらんください。学芸大ソフトテニス部ホームページ


 どのチームの選手たちも、ソフトテニスが好きで熱心に練習しているのだろうと想像がつきました。

 今の16、7歳の子たちというのは、ソフトテニスに出会ったときからもう今のルールだったでしょうか。
というのは、サービスゲームでサービスを打たないほうの選手はネットに普通についているのを多く見ました。ペアの二人ともです。あきらかに片方のほうがストロークがうまく、これは後衛だなと思われる子も、相方がサービスのときにはネットについて、レシーブをポーチしちゃったりしていたのです。

 どちらかというと普通の公立高校の選手たちに多い現象だったと思います。以前の形にとらわれずに、自然に今のルールに適応しているのでしょうね。


 決勝トーナメントになると、俄然試合がしまってきます。
女子の上位4チームは、
優勝 文大杉並A  準優勝 白鴎大足利A  3位 清瀬A 文大杉並D

だったのですが、それ以外にも群馬の東京農大二高が、元気に複数チーム予選をあがっていました。

 白鴎大足利の後衛はよく打ちます。「ほれぼれする」という感じに近いです。
若干線が細いかもしれませんが、これからの大きい大会までには間にあわせられると思います。
前衛の守りも堅い。レシーブのアタックはほとんど止めていたと思います。よく練習しているなという感じ。

 文大杉並は今春の選抜予選、東京で勝てませんでした。関東には2位で出ましたが、結局選抜への切符は手に入れることができませんでした。
 今度の関東予選、インハイ予選でそれを獲り返すつもりで、この冬練習してきたのかどうか、興味のあるところでした。
 東京で負けたときよりはいいゲームだった気がしますが、ますますの選手自身の自覚がほしいところです。

 さて、決勝は3面並行。1番が白鴎大、3番が文大が勝ち、2番が3番勝負の形になりました。
ファイナルは先に白鴎大がリードしたのですが、最後は後衛が打ち切れず(文大はダブル後衛だったので、白鴎大の前衛が勝負しきれなかった部分もあり)
文大の粘り勝ちという結果になりました。


 結果は文大杉並優勝となりましたが、白鴎大足利も「負けちゃった、惜しかったねー」で終わらせるレベルのチームではありません。
次の対戦、次の試合に向けて、きっちり調整してくると思います。

 両校にとって、また、参加したすべてのみなさんにとって、有意義な、次へのコヤシになる大会になるとうれしいですね。
最後になりましたが、主催の学生さん、準備・進行などほんとにおつかれさまでした。今度は自分たちの試合でがんばってね。

ぐびぐび。(←缶チューハイを飲み干したところ)ふわぁ~っ。


あ・・・

こんばんは。ぴーです。

 へこんでます。先日の若獅子杯を題材にいっぱい書いたのに、
プツっで、パソコンの電源が落ちてしまいました。
ああ・・。

 また書きます(泣)



もうすぐ春。

こんばんは。
 だいぶ花粉症の鼻のつらさが減ってきました。あとは目のかゆみです。
うーん、もう少し。


 先日、社員食堂で、「肉ねぎうどん」に「ねぎ抜きでね」と注文していたおねいさんが
いました。
ねぎは後味が残るからそばの薬味などもいれないのよ という人は結構います。
でも、「肉ねぎうどん」なのに抜かれたねぎの立場は・・・と思ってねぎに同情してしまいました(笑)
もちろんぴーは、正統派「肉ねぎうどん」を完食しましたよ。

 さて、母は強しといいますが、本当に母親というのは強い。
妹とその娘をみて思うのです。
片手でひょいと抱き上げて、もう片方の手でベビーカーをシャカっとたたみ、
すたすたと電車の改札を入っていく妹を見て、感心してしまいました。
ち、力づよい!

 そのありあまる力をもって、テニスを復活すればいいのにと(妹も経験者)ひそかに思っている私でございます。

 もうすぐ春だし。団体戦もあるし。よく考えてみるとあまり時間がありません。今シーズンもがんばろうと思う今日このごろなのです。

開幕戦!?

こんばんは。
少し花粉症です。目がかゆくてたいへんなのです。

 本日、本物の開幕戦より一足はやく、テニスのみなさんの集いに参戦。
カシスオレンジをたっぷり飲んでいい気分です。
なんといってもテニスをするみなさんとの集いは楽しいですね。

 本物の開幕戦も来月なんとか迎えられそうなので、またがんばります。
体力も、技も衰えてきてるけど、いまからでも、できることをきっちりやって本番に臨みたいと思います。

 ふーっ、リフレッシュしてまた明日から・・・ですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。