SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070414関東オープン(2)

こんばんは。ぴーです。

 関東オープン成年の試合の続きです。
 
 私自身の試合、入りは悪くなかったように見えたと思います。
プレイボール1本目のファーストが入って相手レシーブをボレーしちゃいましたし、1Gは4-0でとれたんですよ。
 でも、実は自分のペースになっていなかったのです。私のサービス、ファーストが2本とも入っていなかったんです。しかもなんだかしっかり打てなくてのネット。今思えば、そこで不安を多少感じていた気がします。3Gめも、私はファーストがほとんど入らなかった(泣)
なんだ、あれだけ入り方が大事と自分に言い聞かせていたのにな。
学生にもたまに言ってたのに。ちょっと赤面です。恥ずかしい~(笑)


 さて、女子の結果ですが、これまで3連覇中の宮尾・平山ぺアを、渋谷・松尾ペアが準決勝で破りました。

 実は宮尾ペアの初戦をぴーペアが敗者審判したのですが、
後衛の宮尾選手は私がいままで見たこれまでの宮尾選手の試合のとおり、いや、それ以上に元気にプレーしていました。
最初のセカンドからアタックに行き、余裕で通していましたし、
ラリーが続いても他の後衛とはボールの質が違いました。

 同世代の中にあんなに打てる後衛さんがいるのだと、いつもながら感動して見ていました。
このペアの試合は見ていて楽しいです。潔い感じがします。

 準決勝にあがるまで計3試合。その間にもしかしたら、(これはあくまで私の勝手な想像です)
なにかあったかなと思うくらい準決勝では違う人のようでした。
思うように打てない様子だったので・・・。
もしも故障でなければいいなと思います。

 対する後衛の渋谷選手が粘り強く打ち、松尾選手がそつなく決めるという形が一歩先んじたのかもしれません。


成年女子決勝


 決勝はその渋谷・松尾ペア vs 酒井・花園ペア です。
試合の序盤から花園選手が積極的に動きます。
動かないときは酒井選手が正確に長いボールを返球していきます。
ときたま意表をついたように前衛を攻め、それが確実にポイントになります。
酒井選手は走るのも速いし、苦しい返球でも浅いボールになることが少ないです。

 対する前衛の松尾選手、難しいつなぎのボレーなどミスなく返球していました。
自分のまわりに来たボールは処理がスマートだし、さすがだな・・という感じです。

 でも、やあり攻めあぐねてしまったか、途中からはすることがうまくいかないような感じになってしまったようです。
ミスなく、深くしっかり打ち、しかも若干高さがあるボールの酒井選手と対戦すると、
どう攻めていいかわからなくなってしまうのは、私も経験があります。
しかも、先に花園選手が動くのです。

 酒井ペアから見たら、思うように自分たちのペースにできたという試合でした。
このペアを崩すのは至難の業です。昨年の快進撃はその力からしたら当然の結果だと思います。
でも、この酒井ペア、昨秋の東京選手権は優勝できませんでしたから、
この関東オープンは何か思うところがあったのかもしれません。優勝決定時はふたりとも本当に嬉しそうでした。


 男子決勝は 千野・四位ペア vs 根岸・本田ぺア の対戦です。
常に上位に顔を出してくる千野ペアに対するのは、男子選手に聞いてみると実は少し予想外だったようです。
この根岸ペア、初戦から勢いよく強敵をバタバタと倒してあがってきたのだとか。

 さて、その勢いをしっかり止めたのがさすがのベテラン千野ペアです。
序盤こそ競っていましたが、途中から千野選手のボールが相手コートにビシビシ決まりだし、四位選手も余裕の動きで勝負あったという感じでした。

 男女ともにやはり後衛の球もちが大事と感じました。それと前衛がバタバタしていない。
それは成年だけに限らず、どのカテゴリーでも同じことですね。


 本当は私自身もこの大会に参加している選手なので、
こうやって試合の観戦紀のようなものを書ける立場ではないと思います。
しかし、成年の結果ってほとんどどこにも載りませんから、
もしかして、もしかして、少しでも参加した人の励みになればいいなと思い、
書かせていただきました。

 今回名前を出させていただいた選手、どなたにも許可を得ておりません。失礼をお詫びします。
ですので画像も遠方からの一枚のみ。女子の決勝です。


 私個人的にはわくわくする対戦がいくつもあり、途中から完全に観戦者として楽しみました。
 昔の東京・文大杉並のエース前衛と昔の千葉・成田のエース前衛との対戦なんぞは、ご本人たちは実は気づいていなかったかもしれませんが、私の中では感動ものの対戦でした。

 参加したみなさん、関係者のみなさん、おつかれさまでした。
上位のみなさんおめでとうございました。
 それから、試合に行くといつもお世話になる本部関係者のみなさんにも感謝申しあげます。
スポンサーサイト

20070414関東オープン(1)

 おはようございます。ぴーです。
今日はめずらしく朝です。

 昨日、関東オープン成年の部に出てきました。

 優勝者以外は必ず敗者になるので、当然私も敗者になったのですが、
負けたときはファイナルでした。しかも初戦で。(ここは少し字を小さくしてみる 笑

 ここのところずっとはやくに敗戦です(泣)
試合の前は少し節制しようとか、試合の入り方を考えようとか、いろいろ考えていたのにね。


でも、今回はあらたな技を編み出し?ました。

一昨年の「味方のレシーブに突っ込む」に続き、

「相手のサービスに突っ込む」!!!

どうだ。こんな技は普通は出ないぞ。


 だって、私のペアがレシーブするときにですよ、サーブが私のほうに飛んでくるんですよ。
よけたのに、よけきれなくて当たってしまいました。
しかも、自分たちのマッチで。私たちレシーブですから、G2-3の1-3のマッチですよ。
右太ももに。カスッと。

 それからなんだかおかしくなって、まくられてしまいました。
なんだかおかしくなる私がいけないのですが。

 試合の前に、「試合に出るぞ~」とブログに書いたため、
意識してはいなかったけれどプレッシャーがあったかも。

 でも、相手後衛さんとの勝負では、ポジションで押し出せた(アウトさせた)ものが
数本あったような気がするので、そこは素直によかったと思います。
でも、上にあげるしかなくなったものを、こんどは逆にこちらが処理しきれなかったという感じ。

 最後にまとめるのは、ボレーやスマッシュなどの前衛としての技術ですからね。
あきらかに技術が足りませんでした。反省だ。

 いまの私は「下手なんだけど、なんだかじゃまなときがあるのよね」といわれる感じでしょうか。もう少しなんとかしたいものです。

 シーズンの開幕戦、自分が早く終わったこともあり、いろいろなペアの試合をじっくり見ました。それはまた次回に。
上位結果はみんなの掲示板にビールおじさんがアップしてくださってます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。