SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心の扉

こんばんは。

 来年、有明コロシアムで硬式テニスのドリームマッチが行われるとか。
グラフ、サバティーニ、そして伊達公子。3人の総当たり戦でしょうか。
いや~なつかしのドリームマッチです。
(伊達さんは、以前、引退して数年後に出た試合でアキレス腱を怪我してますから、ぜひぜひ気をつけてほしい・・・)

 しかも、抽選でグラフ・サバティーニペアとダブルスで対戦できるチャンスがあるとか。(事前に申し込んで抽選)

 見たい、見たいな~。いつ?
3月15日(土)?  あ、用事がある・・・(笑)

 ソフトテニスでも、夢のドリームマッチ(言葉ダブってますが)をおこなったら、楽しいでしょうね~。


 さて、人と人とが出会って、知人になって、会話を重ねてお互いの距離が縮まって、理解し合えるというか、お互いの言葉の裏を探ることなく、素直に前向きに話ができて、お互いの思いを汲めるようになる、信じられるようになるには、どれくらいの時間が必要なのでしょう。

 いや、きっと時間ではないはずですね。

 短い期間で信頼しあえる関係もあれば、長く付き合っていても裏を探り探られているのではないかと常に不安に思ってしまうような関係もあります。

 私に対する心の扉が開かれていない人と話をするのはしんどいですね。逆に、私も心の扉を閉ざしたままで接してしまっている人がいるかもしれない。それはいけないなと反省しているところです。

 常に心の扉は開いていたい。そうしないと、自分に吸収できるものもできない。成長が望めないと思います。
テニスをするうえでも大切なことかなと、あらためて思うのであります。
スポンサーサイト

箱根駅伝予選会2008

こんばんは。

 だいぶ朝晩寒くなってきました。もう10月も後半ですね。
先日毛布を出して、就寝時は掛け布団と毛布の2枚重ねにしました。
あったかくぬくぬくしてますので、朝起きるのが大変です。

 さて、明日の話になるのですが、(・・・と、もう今日の話になってしまってますが)
お正月の箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)の予選会があります。
会場最寄の立川駅コンコースには、参加各校ののぼりが・・・!

PA0_0000.jpg


 街の外灯にも、予選会応援の旗が。街をあげて予選会を応援しています。

 こんなにのぼりがたくさんあるのに、我が母校の名がないのがさびしい・・と思っていたら、なんと参加大学一覧には載ってました。
あれ~、のぼり、実はあったのでしょうか。探せなかったのかしら。
控えめにあったのかもしれません。卒業生に似て(あれ?
ともかく、がんばれ~。

 この予選会は、参加の各人の合計タイムと、それまでの各校の戦績などがタイムに換算されて上位が決まるので、
走る選手は1秒でも早くゴールすることが求められます。

 これまでも、10数秒差で予選落ちするなんていうドラマも多々あったようです。各人が数秒ずつ縮めていれば予選通過だったんですもの、泣くに泣けません。

 天候が少し心配ですが、参加選手のみなさん、がんばってください!


公式ホームページはこちらです。  http://www.hakone-ekiden.jp/

あなたが誰かに夢を与える

こんばんは。

 このタイトル、何かのチャッチコピーみたいですね。
私の<つぼ>に、ちょうどハマッテしまったんです。


 ラジオをながら聴ききしてたら、宝塚音楽学校の先生による、受験を呼びかけるメッセージが耳に入ってきました。

 受験するときに特別なお稽古をしていなくても(実際は必要だとは思いますが)
2年間の音楽学校の授業の中でいろいろな芸事のお勉強はできます。
そして芸事以外にもさまざまなことを学んで、劇団員になったあかつきには『あなたが誰かに夢を与える』のですよ。
という趣旨でした。


 それを聴いたときの自分の内面をうまく表現できないのですが、

こんな私でも、自分で夢見るだけでなく、誰かに夢を与えることもできるかしら。
ということと、

誰かに夢を与える立場になったとしても、自分の夢をあきらめなくてもいいのかもしれない
と感じたような気がします。


 おりしも、この週末、全日本シニアの大会が滋賀県で行われています。
 先日の東京選手権でも女子45の決勝を見ましたが、それはもう好プレーの連続でした。
ソフトテニスを愛する先輩がたが夢を持ち続けている姿に感銘を受けるぴーなのでございます。

AIG OPEN

KC280005.jpg


 10月7日、有明コロシアム前。
普段は空き地(兼・広場、兼・臨時駐車場)になっている場所です。

 10月1日から7日まで(予選は9月29日から)、
東京・有明コロシアムおよび有明テニスコートで硬式テニスのAIG OPEN が開催されました。

 杉山愛選手など日本人選手がすぐに敗退しましたので、報道等では少しトーンダウンしましたが、海外選手も多く来日していました。

 上の写真のように、広場には観客がゆっくりすわれるようなテーブル、ベンチが設置してあります。その周りに各社メーカーのブースが軒をならべています。

KC280006.jpg


KC280008.jpg


ヨネックスはブース3つ分確保。場所も広場の入り口、いい場所でした。
もちろん海外メーカーのブースもたくさん。

 入り口から一番奥には、アンケートに答えると抽選で商品がもらえるコーナーあり。取材当日は最終日のほとんど夕方近くだったですが、結構混雑していました。
一番奥に抽選コーナーをつくることで、お客さんの流れをこれでつくるのですね。きっと。

KC280015.jpg


 軽食用のケータリングカーも、10数台あったかと思います。
フードコートは広場とは別に確保されていました。

KC280003.jpg


KC280010.jpg


KC280013.jpg


 ケータリングカー2種。難をいえば、どれも似たようなものになってしまっているかな。和風が食べたいといっても、なかなか難しいとは思いますが・・・。

 プロ野球の試合観戦と比べるとどうしてもさびしいものがありますね。観客席の周りを歩くと選手のグッズや応援グッズなどの売店も充実していますしね。
 あ、でも、コロシアムの内側では、もっと充実した売店がそろっていたのかもしれませんが。

 今回は、観客が試合の合間に休憩したり、集ったりすることができる場所というのはそれなりに確保されていたように思います。

 数年前の埼玉・智光山公園での国体でも、テーブルとベンチの休憩用広場は設置されていましたね。
ただ、軽食類が極端に少なかったと記憶しています。(しかもあそこのまわりにはコンビニ類が無い)

 どうしても、ソフトテニスの試合と比べていろいろと考えてしまうのですが、
でも、決勝を見終わって外に出てくるお客さんの顔は、ソフトテニスの東京インドアを見終わって東京体育館の外に出てくるお客さんの顔のほうが、満足度が高そうだな・・と思うのはひいき目で見ているからでしょうか(笑)


 今回のAIG OPENは 予選が9月29日からありました。
でも、メーカーブースの設置はそれより早く、25日朝から始まっていました。
(25日、実は休暇をとって有明へ試合しに行って現場を見ましたから間違いない。)

 来日した選手のために数日前から練習用コートは確保してあったでしょうし、前イベントが何かあったのかもしれません。
それにしても、そうやって数日前から周到な準備ができる・・・・。
大会の規模が大きいといってしまえば確かにそうですが、ソフトテニスの大会でも、もう少しはどうにかなるとうれしいのになぁと思います。

 見習うべきところ、取り入れることができそうなところはおおいに取り入れ、真似しなくてもいいところは毅然とし、
ソフトテニスの大会がおおいに盛り上がっていければいいなと感じた次第です。

 東京選手権で敗戦直後の取材(?)でした。
夕方でしたので画像がすっかりたそがれた感じですよね。ぴーの気持ちが少々へたっていたせいかも(笑)
ケータリングカーの軽食を食べるのを忘れていましたよ。
次回、次回っと。

20071007東京選手権

KC280017.jpg


本日のひとりカフェラテ反省会は、こんな感じ・・・。

こんばんは。
 本日、大事な東京選手権成年の部に参戦してきました。
目標はとりあえずベスト8だったのですが、夢かなわず・・・。

 3ペアの予選リーグ。初戦はG2-2から突き放し、
2戦目はG2-2から突き放されました。
内容は、まあまあだったのですが、最後の最後で、前衛ぴーにミスがでて・・・・。
後衛ちゃんが好調だっただけに、惜しい惜しい、申し訳ない!

 ミスの原因はわかっています。
ハイボレーのときの軸足でがまんしきれなかったこと。
すべては足、脚がアスリートのそれではなかったことです。

 はぁ・・・・・。

 でも、それまでは、なかなかよかったと、自分でも思います。
レシーブも無難でした。
 それから、初戦は打ってくる相手だったのですが、シュートで抜かれたのは、序盤に「抜かせた」(と、いっておこう)の1本だけで、それ以後は私側の半分(ほとんどバックボレー)は抜かれずに一応抑えられたし。

 2戦目はさすがに実績あるペアが相手ですから、そうそう簡単には触らせてもらえなかったけれど、
途中までは向かっていけて押していたような・・。
最終Gは私のハイボレーミスで失ったわけで。

 いまの後衛さんとは、今年から組み始めて、まだ数試合。
ふたりとも絶好調だったことがまだありません。
私がよければ後衛さんが普通だし、今日みたいに後衛さんが好調なときは、私が試合を壊していて・・・・。
 でも、きっとまだこれからなのですね。


 しかし少し凹むなぁ。今日はチャンスかと、少し思っていたし、
いいイメージトレーニングもいっぱいしてたし。

 実は2週前から組み合わせがわかっていました。シニア男子が2週前にすでに開催されており、すべての組み合わせ・プログラムが一冊の冊子になっていましたから、同じクラブの先輩からコピーをもらっていました。
それを部屋の壁にはって毎日ながめ(にらみ・笑)、気持ちを高めてきました。

 おーいっ!って突っ込みが入るの覚悟で書くと、
優勝したときのイメージも持っていた(笑)
絶対決まった瞬間は、その場でしゃがみこんで泣くことになっていました(おいおい、こらこらっ



 やはり相手後衛が打ち損じた甘いボールを、たたきに行きたい。
今後の課題です。
あと、ハイボレーだにゃ。
よし、これは、ミックスのときに挽回しよう・・・・笑

 明日は一般の男女があります。
ドローで見ると、ヨネックスの緒方さんもエントリーされています。
もちろんナガセの上原・平田ペアもいます。
女子は小金井公園でありますから、応援したいかたはぜひぜひ。

男子は有明です。みんながんばれ~。
選手のみなさんが全力をだせますように!

 

<成年女子>
優勝 酒井・花園ペア(三鷹軟庭クラブ・杉並文化クラブ)
2位 近藤・新飯田ペア(朝日生命クラブ・フレンズ)
3位 上野・中村ペア(武蔵村山STA・立川STC)
3位 金井・菊ペア(朝日生命クラブ・武蔵村山STA)

<45歳女子>
優勝 織原・建部ペア(東京アーデル・朝日生命クラブ)
2位 近藤・落合ペア(武蔵野クラブ・台東グリーン)
3位 春山・木塚ペア(東村山STC)
3位 田中・植木ペア(葛飾クラブ)

これより上のカテゴリーの結果は詳細不明です。申し訳ありません。
入賞のみなさま、おめでとうございました。

本部関係者のみなさまお世話になりました。またがんばります。


祝・ジャイアンツ

わ~い!
祝 セ・リーグ優勝。

 なんだか今年のジャイアンツは、みんなが力をあわせてがんばったんだね・・・という感じがしてなりません。
各人がそれぞれの立場で、でも心をひとつにして、いい仕事をしたという結果なのでしょう。

 日本シリーズに出るためには、まだまだ道のりが長いけれど、
優勝セールで買い物しながら、応援したいと思っています。


 私もいいテニスがしたいなぁ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。