SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心の扉

こんばんは。

 来年、有明コロシアムで硬式テニスのドリームマッチが行われるとか。
グラフ、サバティーニ、そして伊達公子。3人の総当たり戦でしょうか。
いや~なつかしのドリームマッチです。
(伊達さんは、以前、引退して数年後に出た試合でアキレス腱を怪我してますから、ぜひぜひ気をつけてほしい・・・)

 しかも、抽選でグラフ・サバティーニペアとダブルスで対戦できるチャンスがあるとか。(事前に申し込んで抽選)

 見たい、見たいな~。いつ?
3月15日(土)?  あ、用事がある・・・(笑)

 ソフトテニスでも、夢のドリームマッチ(言葉ダブってますが)をおこなったら、楽しいでしょうね~。


 さて、人と人とが出会って、知人になって、会話を重ねてお互いの距離が縮まって、理解し合えるというか、お互いの言葉の裏を探ることなく、素直に前向きに話ができて、お互いの思いを汲めるようになる、信じられるようになるには、どれくらいの時間が必要なのでしょう。

 いや、きっと時間ではないはずですね。

 短い期間で信頼しあえる関係もあれば、長く付き合っていても裏を探り探られているのではないかと常に不安に思ってしまうような関係もあります。

 私に対する心の扉が開かれていない人と話をするのはしんどいですね。逆に、私も心の扉を閉ざしたままで接してしまっている人がいるかもしれない。それはいけないなと反省しているところです。

 常に心の扉は開いていたい。そうしないと、自分に吸収できるものもできない。成長が望めないと思います。
テニスをするうえでも大切なことかなと、あらためて思うのであります。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。