SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何ができるかな

こんばんは。

 あっという間に寒くなりました。もう冬ですね。
近所のイチョウがずいぶん色づきました。気がつけばもう12月になります。

 自分がテニスをすることと、テニスに関わった活動をすることとの
バランスをうまくとっていきたいと思います。

 それにしても、自分(たち)には何ができるか、どうしようかと、
考えてるのは楽しいですね。あとはそれをどう実践していくか・・です。

 昨年の冬場は、『前衛がしなくてはいけないこと』を、
ずいぶん考えて、また少しはブログにも書けたかなと思います。
でもなかなか試合でそれを発揮することができませんでした。

 今年の冬はその前衛の考察も続くのですが、それと並行して
もう少し大きい視野で、『ソフトテニスと自分の立ち位置』を考えられたらいいなと思っています。

 なぁんて、文字にするとカッコいいけど、ともかく冬場もテニスから離れずにがんばっちゃおうってことで。
そうだ、最近またおなかがぴーになりそうなので、気をつけないと・・・。
楽しい忘年会もあるしね。
スポンサーサイト

帰り道で。

こんばんは。
今日は日本中どこも寒かったようですね。かぜ、ひかないように注意したいものです。

 仕事の帰り道、立川駅のホームに降り立ちましたら、中途半端な場所に特急電車が止まっています。
いつもなら数分前に、立川駅には止まらずに通過しているはずの電車です。
 駅の構内放送で、事故があったこと、電車がしばらく止まることなどをあわただしく伝えています。

 駅員さんがホームの前方へ走ります。東京消防庁のレスキュー隊も到着しました。

多くの人が前方に止まっている特急のほうを見ています。
人によってはホームから身を乗り出し、あるいは実際にホーム前方へ歩いていきます。
でも、私はどうしても前方へ様子を確かめにいく気持ちになれませんでした。

 事故が起きた中央線は、立川駅では上下それぞれに複線となっています。
特急が通過するホームの向かいに、通過待ちの電車が控えていました。
うまくいけば、その待機している電車1本だけでも、発車するのではないかと期待したのですが、
残念ながら特急の前方が上り本線にすでに進入しており、救助活動が終了し特急が発車するまでは
その待機している電車も動けないとのことでした。

 モノレールと私鉄を乗り継いでいつもと別ルートで帰宅するか、そのまま復旧を待つか、
あるいはいったん駅から外に出てコーヒーでも飲むか、選択を迫られましたが、
なぜか決断できずにそのままホームで復旧を待つことにしました。

 人ひとりの命がその場でなくなってしまっている(かもしれない)ことに気づき、
その場から離れてはいけないような気がしたのかもしれません。

(あとでニュースになっていないところをみると、事件性のあるものではなく、
いわゆる『人身事故』だったようですが・・・)
特急電車に身をゆだねてしまうような、そんなつらく悲しいことが、その人に起こったのだなと思うと、
こちらまで身につまされる思いがします。

 でも、やはり何があっても生きていること、生きていこうとすることが大切なのだと、感じます。
毎日の生活での何気ないことが、実はありがたいことなのだと思います。

そう思うと、『もう少しテニスが上達して試合で結果を出す』ことよりも、
『テニスができること』自体がありがたいと思うのです。
すると日ごろ考えていることと少し矛盾が起きます。
テニスができれば満足になってしまうと、結果を出そうと努力しなくなってしまいます。
努力しない言い訳にしてしまってるのかもしれませんが。

復旧直後の混雑した電車の中でそのようなことを思いながら、家路についたのでした。

20071117東京ミックス

こんばんは。

 若者と試合に出て早々敗戦。その後空きコートで練習したら足がなぜかパンパンになり、翌日となるけさ、発熱しそうになったぴーです(笑)

 たかさっきーさん、じすたさんのブログにすでにありますとおり、東京のミックスに出てまいりました。
あれ、そういえば、『第一シードのパック』って、書いちゃったら、
この私が誰ってわかってしまうではないか・・・。

・・・・って、もう今まででバレバレってことかもしれませんが、でも恥ずかしがりやさんのぴーはこれからも秘かに?書いていきまする。

結果をまず。

一般    優勝  塚野・田島ペア(アカエムクラブ・杉並文化クラブ)
       2位  及川・瀧本ペア(杉並文化クラブ)

成年    優勝  鎌田・中村ペア(紫芳庭球会・立川STC)
       2位  渡辺・奈良部ペア(富士桜部屋・深川テニスクラブ)

それぞれ3位のペアは、私の記録に不備があり正確にお伝えできません。
また、同日シニア45とシニア55もありましたが、詳細不明です。申し訳ありません。


 一昨年に続き、じすたさんとのペアで出場しました。
言い訳になってしまいますが、じすたさんが打つボール、よかったですよ~。
私がいうのも何ですが、一昨年よりずっと速くてするどかった気がします。
だから、少しイメージが違った・・・・かな(笑)
今考え直してみると、それについていけなかった私。ああ、ごめんね。

 今年後半はどうも自分の身体に違和感があります。
文字を大にして書きましょう、
圧倒的な衰え(汗)

これは年取ったという意味ではなく、フットワークやら筋力が必要な分だけ無い!と実感してしまったということです。

「前はこんなことなかったのに~」と嘆くのは簡単ですが、
凹みそうなので以前と比べないようにしようと思います。

元に戻すのではなく、今からいい方向にもっていくようにしよう と、考えようと思います。
今の自分があって、それならばどうしなければならないかと思えば、
するべきことは決まってきます。

 まだ次シーズンももう少しがんばろうと思うので、この冬も切れずに過ごせたらいいなと思う今日このごろです。

 そうそう、この試合で20年ぶりに学生時代の先輩にお会いしました。うれしかったぁ。
偶然。その意味でも、出てよかった。

身を乗り出して佐々木選手。

こんばんは。
しばらく間があいてしまいました。

 ブログを書かなかった間にも、練習し、試合に参加して、反省点もたくさんでてきました。
今後、順に記していけたらいいなと思います。

 まずは、天皇杯覇者の佐々木選手!
先日レディースの試合にヨネックスの社員としてのお仕事でいらっしゃいました。
開会式の最後に、『先日の天皇杯で優勝なさった佐々木選手です!』と紹介があり、
マイクを握ってご挨拶なさったのですが、
その途端、(開会式早く終わってよ・・)と思っていたであろうレディースのおねえさまがた
みなさんが半歩身を乗り出し、

『あ、あのテレビ(NHKで放映された)に出てた人よ!』 とか

『ほらほら、写メしなくちゃ、写メ!』とか

みなさん、それは生き生きとなさったのが非常に印象的でした。

 私もね、位置取りがよければ携帯で画像を押さえたのですが、
なにせレディースの試合はほんとに新参者で、
ずうっと後ろのほうで小さくなっていましたもので・・・(笑)

 それにしても、そのあともサイン攻めにあったり、写真を一緒に撮ったり、
佐々木選手大忙しでしたね。お疲れさまでした。

あ、ああ、そうそう、天皇杯優勝おめでとうございます!って
お祝いの言葉が最後になって、いまさら遅い・・・って・・(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。