SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


帰り道で。

こんばんは。
今日は日本中どこも寒かったようですね。かぜ、ひかないように注意したいものです。

 仕事の帰り道、立川駅のホームに降り立ちましたら、中途半端な場所に特急電車が止まっています。
いつもなら数分前に、立川駅には止まらずに通過しているはずの電車です。
 駅の構内放送で、事故があったこと、電車がしばらく止まることなどをあわただしく伝えています。

 駅員さんがホームの前方へ走ります。東京消防庁のレスキュー隊も到着しました。

多くの人が前方に止まっている特急のほうを見ています。
人によってはホームから身を乗り出し、あるいは実際にホーム前方へ歩いていきます。
でも、私はどうしても前方へ様子を確かめにいく気持ちになれませんでした。

 事故が起きた中央線は、立川駅では上下それぞれに複線となっています。
特急が通過するホームの向かいに、通過待ちの電車が控えていました。
うまくいけば、その待機している電車1本だけでも、発車するのではないかと期待したのですが、
残念ながら特急の前方が上り本線にすでに進入しており、救助活動が終了し特急が発車するまでは
その待機している電車も動けないとのことでした。

 モノレールと私鉄を乗り継いでいつもと別ルートで帰宅するか、そのまま復旧を待つか、
あるいはいったん駅から外に出てコーヒーでも飲むか、選択を迫られましたが、
なぜか決断できずにそのままホームで復旧を待つことにしました。

 人ひとりの命がその場でなくなってしまっている(かもしれない)ことに気づき、
その場から離れてはいけないような気がしたのかもしれません。

(あとでニュースになっていないところをみると、事件性のあるものではなく、
いわゆる『人身事故』だったようですが・・・)
特急電車に身をゆだねてしまうような、そんなつらく悲しいことが、その人に起こったのだなと思うと、
こちらまで身につまされる思いがします。

 でも、やはり何があっても生きていること、生きていこうとすることが大切なのだと、感じます。
毎日の生活での何気ないことが、実はありがたいことなのだと思います。

そう思うと、『もう少しテニスが上達して試合で結果を出す』ことよりも、
『テニスができること』自体がありがたいと思うのです。
すると日ごろ考えていることと少し矛盾が起きます。
テニスができれば満足になってしまうと、結果を出そうと努力しなくなってしまいます。
努力しない言い訳にしてしまってるのかもしれませんが。

復旧直後の混雑した電車の中でそのようなことを思いながら、家路についたのでした。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。