SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前売りがすごいぞ。

こんばんは。

 風邪が癒えて元気になったぴーです。
(でも少しまだせきします。まわりの方々ごめんなさい)


 ソフトテニスチャレンジ神戸大会の前売りが開始になってまだ数日。
実は川崎の3倍近いスピードで、申し込み数が増えています。

 川崎大会よりも収容人数も多いし、講習会の参加可能人数も1レッスンで考えたら
少しは多いです。

でも、早めのお申し込みが安全だと思います。
ご希望のかたはどうぞお早めに。

スポンサーサイト

OBたちの集い

こんばんは。

 やっと花粉症に目覚めた(?)ぴーでございます。
ああ、つらいなぁ。ティッシュが必需品となりますね。しかも柔らかいの。


 さて、母校のOB会創立50周年
&師範学校での創部から数えて100周年記念行事が
行われました。

 普段のOB会にはあまり参集しないOBも、このときばかりはと大勢参加となり、
総勢100名以上が集う盛大な会となりました。


 私の同期は、卒業後指導者としてソフトテニスにかかわっているメンバーが多く、
高体連関係では東京、埼玉、宮城で活躍しており、東京のジュニア指導者もいます。
それぞれにもういい年齢ですので、大事なポジションについているようです。

 誇れる同期たちであります。


また、同期たちだけではありません。
先輩はもとより、後輩にも、愛媛・山口・和歌山・北海道・秋田・茨城・千葉・静岡などなど、
各地で選手として、あるいは指導者としてソフトテニスにかかわっている人たちが
いることがわかり、ほんとうに嬉しくなりました。


 ここのところ、ソフトテニスチャレンジの件でずっと根をつめて作業を続けてきました。
実は疲労もあったのですが、
彼らの顔をみて、話をして、すっかり元気になった気がしました。


 次回のソフトテニスチャレンジは 『 神戸 』 です。
ぜひ、ご期待ください。






チャレンジ再び

こんばんは。

 昨晩と今夜は、ほんの気持ちだけ寒さがやわらいだような気がします。

少しのブレイクをいただきましたが、再び歩きだすこととなりました。
体調には注意して、無理せずまた楽しもうと思います♪


チャレンジ後-その5 一致団結

こんばんは。

 ソフトテニスチャレンジ川崎大会から1週間になります。
得たものが大きくて、なかなか書ききれないのですが、
しっかりまとめをして次に生かしていかないと。

 昔、 『 一致団結 』 ということばを朝礼でよく使う上司がいました。
でも、どうしても 『 えっちだんけつ 』 って聞こえてしまって、
いつもおかしかったのを思い出しました。

 みんなでまた、いい仕事がしたいですね。

ソフトテニスのため、子どもたちのために。

チャレンジ後-その4 愛する仲間たち

こんばんは。

 毎年2月の連休明けは、風邪なのか花粉症なのか、まざったような感じで
いつの間にか花粉症に突入するのですが、
今年はこの川崎大会のおかげですっかり花粉症のことは忘れていました。
まだ寒さが続きますが、今年は花粉も多いとか。少し心配です。


 ずっと数回にわたってソフトテニスチャレンジのことを書いているのですが、
本来のイベントのことに全く入れません。
だって、フロアで何があったか、ほとんど見ていないんです。

 どうぞ参加した方々、みんなの掲示板でもいいですし、このブログにコメントしてくださっても結構ですので、どのような様子だったか、お教えいただけると嬉しいです。


 今回のメインスタッフは総勢12名。
チヨコ女将のもとに集まった不思議な仲間たち。
よく考えるとここ数年のみのお付き合いで、一緒に飲んだ回数も数えるほどしかなく、
これまでのテニス歴も全く違うし、生きてきた環境も全く違う。
 確かに私はチヨコさんのことは昔から知って(見ては)いたけど、
それは同世代(私は一学年下)のえらく強い選手を観客席から見る という感じであって、
全く知り合いではなかったわけで。

 不思議な糸で結ばれた12名が、こうして集まってアツくアツく活動してしまいました。
ほんとうに、スペシャル、超スペシャルサンクスでございました。

 ほとんどフリーズ状態だった私の脳も、だいぶ復活してきました。
さあ、次だ、次。

 次は、なんだ・・・・?

チャレンジ後-その3 すばらしい選手たち

こんにちは。

 大会終了後の余韻というか、大会そのものが私の琴線を刺激したというか、
少々いまでもナーバスぎみのぴーです。


 今回は、日程的にも、それから当日のスケジュールでも、
選手のみなさんには、たいへんな負担をお願いすることとなっていましました。
決して当初から意図したことではないのですが、
結果的にそうなってしまったこと、深く反省しなければいけないと思いました。
 
 1F担当スタッフに人数を多くさけなかったこともあり、(いや、これは私の気の回し方が足りなさすぎたのですが)
選手控え室に専従スタッフをおけなかったので、選手のみなさんには細かいところまで
行き届かずにご迷惑をおかけしたと思います。


 それでも、選手のみなさんはほんとうに積極的に参加してくださいました。
前日から寝不足(なんでかな~ 笑)のかたもおられたと聞いていましたが、
そんなことはコート上はではまったく見せず(?)
めいっぱいのパフォーマンスを見せていたと思います。

 思います・・・というのは、実はぴーは裏でバタバタしていて、
フロアの様子はほとんど音声のみで推し測ることしかできませんでした。
ああ、全部見たかった!


 午前中の試合が熱戦で時間が押したため、選手のみなさんは昼食の時間もそこそこに
レッスン会やサイン会に出動していただくこととなりました。

 そこでも熱心な指導と、ひとりひとりに丁寧にサインをする選手たち。

みなさんそれぞれに印象深い点があるのですが、特に、

熊本へ向かうタクシーの時間があり、「もう時間ですね」と、サインを求める中学生の列を止めようとした私に、
「わしには時間がないんじゃ~」といいながらも「あと5分!」と声をかけた中堀さん。

打ち上げの席でも手伝いの学生たちにきさくに声をかけていた緒方さん。

そして、恐縮しながら話を聞いている学生に対して、その大きな身体を直角にまげて
挨拶していた高川さん。

 書けばキリがないのですが、選手はみなさん丁寧で、紳士・淑女で、すてきな人ばかりでした。
それを思い返すと今でもうるうるしてくるぴーでございます。


 そのような立派な選手たちだからこそ、勝負にも強いといえるのかもしれません。
今回の経験が、単に選手たちを疲弊させるだけではなく、
選手たちにも何かプラスになることがあったのならば、嬉しく思うのですが、果たしてどうだったでしょうか・・・。

チャレンジ後-その2 若者ががんばった。

こんばんは。

 ソフトテニスチャレンジは、実行委員のメインスタッフ、およびイベント専門のスタッフ、
ほかに当日手伝いとして参加してくれたスタッフ、総勢50名強のメンバーで運営されていました。

 それぞれに担当区域が決まっており、個々の持ち場で各人が全力を出し切ったと思います。

 今回、手伝ってくれたのは、学生さんたち、あるいはそれに近い年代の若者が多かったのですが、
彼らが本当によくやってくれました。

 大会パンフレットなどの物品販売や、当日券販売、入場受付など、彼らがいなかったら到底できず、
イベントが成立しなかったといってもいいくらいです。

 イベント終了後の撤収作業も、時間との戦いでしたが、
彼らのおかげで予定よりもだいぶ早く、余裕をもって終えることができました。
あらためて感謝します。彼らもまた、楽しかったと感じてくれていたら、
こんなうれしいことはありません。

 彼らもまだ、自分たちのテニスを伸ばしていかなければいけない年代です。
今回、ソフトテニスの普及の『ふ』の字くらいについてでも、何かを感じてくれたら、
彼らのテニスにも少しは役立つのではないかと思います。
いや、ぜひ生かしてほしい・・・。

 手前味噌で恐縮ですが、今回、ぴーの母校の後輩も手伝ってくれました。
あとからいろいろなかたに、いくつかのおほめの言葉をいただいたのが、
私としても、すごくうれしかったです。親バカならぬ、OGバカってとこですね(笑)
 やったね、みんな。ありがとね。
 




チャレンジ後-その1 何をおいても感謝・感謝。

こんばんは。

 ソフトテニスチャレンジ翌日のぴーです。

複数回にわけて、ソフトテニスチャレンジについてふれていこうと思いますが、
まずは、第一に、何をおいても

お力を貸してくださったみなさま
ほんとうにありがとうございました。


準備段階でも、それから当日も、
足りないところが多々ありまして、ご迷惑をおかけしたり、いらぬご苦労をおかけしたり
少し気分を害されてしまったかたも、きっとあったかと思います。

ほんとうに申し訳ございませんでした。


でも、でも、ほんとうにたくさんのかたが入場してくださり、
選手に声援を送り、試合を楽しみ、
同じフロアに降りてテニスレッスンを受け、それを間近で見て、
「ありがとう」といって帰っていってくださった。

そして実はいちばんたいへんだったのは選手のみなさんなのですが、
(なんともハードな、昼食もゆっくりとれないような時間割でした・・・)
ほんとうに時間きっちり守ってくださって、
レッスンの合間の、ほんとうは休憩したい時間帯のサイン会にも、
丁寧に対応していただきました。

感謝のことば以外には何も出てきません・・・・。

ヨネックス様はじめ各企業様にも多くのご協力をいただきましたし、
ご協力をお願いして急遽結成した審判団のみなさん、
サポートしてくれた若者たち。
そして、とどろきアリーナのみなさん。

総合司会さん、音響さんを含め、愛するスタッフのみなさま。

ありがとう、ありがとう、ありがとう!



チャレンジ・チャレンジ

こんばんは。

 9日は雪の予報となってしまいました。
なんてことでしょう。私たちがなにかしたかしら。

でも、きっとアリーナの中は熱気で暑くなっていることでしょう。

すべてのことに真摯に向き合って全力で対応してきたかどうかが
問われるような気がしています。

参加した観客のみなさんも選手もスタッフも、
全員が楽しかったといえるようなイベントになることを信じて。

背筋を伸ばして当日を迎えようと思います。

大会パンフがすごいぞ。

こんばんは。

 明日の早朝は雪まじりのようです。
かぜひかないようにしなくては。絶対に。

 ソフトテニスチャレンジ川崎大会の大会パンフレットは、当日、現地での限定販売です。
オールカラーで各選手の個人ページあり。

 当日は、天候もまずまずの予報が出ました。
楽しみにしていてくださいね!

前売終了です。

こんばんは。

 なんとなく空気の冷たさに慣れてきたような気がするのは気のせいでしょうか。
風が強いと凍えそうになりますが、なんとか過ごしています。


 ソフトテニスチャレンジ川崎大会も、あと9日となりました。
ぎょ、ぎょぎょ、あと9日しかないのか!


 31日で前売は終了いたしました。
お申し込みのみなさま、ありがとうございます。
ほんとうに予想以上にたくさんのかたがたにお申し込みいただきました。

 私たちは、イベント開催については素人集団ですが、
専門家のかたにも助言をいただきながら、できる範囲のことを精一杯したいと考えています。

 なんとか無事に開催できますよう、また、ソフトテニスを好きなみなさまに楽しんでいただけるよう、
残っている時間はわずかですが、がんばります。

 もちろん当日券もありますので、ぜひ遊びにいらしてください。
選手のみなさんや、各企業のご好意もあり、楽しみな抽選会もあります。

 とどろきアリーナでお待ちしています。

そうそう、BRIDGEのブロガーはほとんどSTAFFとして参集しています。
誰がどれって、当てるのも楽しいかもね!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。