SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がんばれ、伊達さん。

こんばんは。

 ゴールデンウィークに入りました。テニス三昧のかたも多いと思います。
すっかり量より質(?)になったぴーです。

 硬式テニスの伊達公子さんが現役復帰をしました。
自身がもっとチャレンジしたいという気持ちもあるようですが、
ほかの理由に若い人たちにとって刺激になれば・・・
というものもありました。

 伊達さんに続く若手が育ってきていないはがゆさもあるのでしょうが、
(杉山選手など、上位ランクの選手はいるとは思いますが)
「選手として」すべてのことを、
出し切らないうちに引退してしまったということに気づいたのかもしれません。
それはおそらく戦績のことではないと思います。

 選手対選手としてネットごしにラリーをすることでしか後進に伝えられないこと
というのがあるように思いますが、
それを伝えきる必要があると考えたのではないでしょうか。


 勝手な想像をしてしまっていけないのですが、
なんとなく、なんとなくわかるような気がします。


 人それぞれに役割があるとするなら、
私に与えられている役割は何なのかしらと考えています。
スポンサーサイト

ブレない心

こんばんは。

 雨が降っています。
先日、軽くて細くて持ちやすさ抜群だったお気に入りの傘のほねが折れてしまい、
泣く泣くユニクロで、これまた格安の折りたたみ傘を買ったぴーです。


 新年度になってもう3週。ですが、年度替りのバタバタが
まだなんだか落ち着かない日々です。

 テニスもほんとうにじっくり練習したいのですが、なかなか・・・。

でも、こんなときこそ、本質というか、
ほんとうに大事なことを思い出し、ブレない強い気持ちでいたいと思います。

 
 冒頭に書いた傘のほねは、風であおられたから折れたのではなく、
しまうときに折りたたんでひねったときに折れたようです。
まっすぐの力には強いけれど、想定外の横からの力には案外弱いものなのですね。

 どんな方向からの力にも、しっかり対応できるようにしておきたいと思います。
テニスだけではなくて、いろいろな面においても。
きっとそれがテニスにも出る・・・かな(笑)

20080413関東オープン

こんばんは。

 小雨が降るあいにくの天気でしたが、関東オープン成年に出場!してきました。
結果はまあ、どーしてもドローのとおり。
自分より上位にランクされているペアにあたって敗戦するのは、
(まあ、たいていが自分たちよりも上位のペアなのですが)
はたからみたら順当なのでしょうが、
そこを越えないといけないのでしょうね。

 また、次がんばります。
地元の駅につくまえに、有明のクラブハウスでもうココア反省会しちゃいました・・・。


 成年男子も、一般男子1部、2部も同じ有明で試合していましたが、
いずれも結果が出る前に引き上げなければいけなかったので、
結果わかりません。お知らせできずにすみません。

 一般男子1部の選手は2日目で、勝ちあがってきたペアばかりでしたので、
きらびやかなみなさんが集まっていました。

チャレンジに出てくれた菅野・佐々木ペアや、篠原・小林ペアも・・・♪

でも、いちばん 『おーっ』と、感動したのは
中京大の玉川・横江ペアにアドバイスしていた木口さん(監督)のお姿でした。

お懐かしい・・・・・。

ボレーは縦面か横面か。

こんばんは。

 少し肌寒い日もあるので、風邪ひかないように注意したい今日この頃です。


 標記タイトルについて、少しだけ人と話をする機会がありました。
お酒の席だったので、深く議論はしませんでしたが、
私の中での結論は、

縦面でとれるときは縦面。
横面でしかとれないときは横面。

 身体に近ければ縦面になるでしょうし、
遠いところに飛んできたボールに飛びついたら
横面になると思われます。

 どっちもできなければいけない技術だと考えています。
だから試合前の調整練習でも両方します。


 試合の中での前衛(自分)のポジションをからめて考えたときに、
極力、中の位置に立ちたいから、
一歩でとれる範囲(リーチ)を広げたいと考えています。

 でも、それは、当然身体の近くにきたボールは
きちんと、基本どおりに処理できるのが大前提です。

 自分のところに飛んできたボールをきちんと処理するのは当たり前。
(それは当然身体に近いですから、縦面になるのでしょう)

 相手後衛との勝負で、最終的には自分のところに打たせたいのですし。


だから、『前衛は縦面だ』 とか、 『横面でもいい』とか、
そういう議論は少し違うかなと感じます。

前衛は縦面じゃなきゃだめだ というのは、少しナンセンスというか、
スケールの小さい前衛しか育たないような気がしますけど、
それをいっちゃいけないよ・・・という状況もあるようなので、
言わないことにします。


有明がオムニになったよ

こんばんは。

 電車の中のいかにも新入社員という人たちが、初々しいですね~。
花粉症もだいぶ楽になってきました。


 先日の風の強い平日に、有明で試合でした。
ソフトテニスチャレンジの準備でほとんどオフには練習できていなかったのですが、
「そのほうが力が抜けていいかも」というアドバイスを胸にがんばってきたです。

 そつなくまとめた・・・という感じにおさまってよかった。おおポカはなかった代わりに
もう少しがんばれそうなところで、がんばりきれなかったので、
予選リーグをあがれませんでした。

 でも、いい、自分の中ではオッケー、オッケー。
次の試合までに、チェックすべきところをチェックしておこう。


 ところで、有明のクレーコートがすべてオムニに変わりました。
写真は、これまでクレーだった12~16番コート&有明の桜 です。

PA0_0016.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。