SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やはり不思議

こんばんは。ぴーです。

 今日は良い日和でした。
寒いという予報でしたが、風がほとんどなく、
テニスコートに立つのにぴったりの気候でした。

 初打ち会の連絡をもらっていたので、
母校大学に行ってみました。

 以前にもブログに書いたことがありますが、
母校のコートというのは、高校でも大学でも、
本当に調子よくできるのです。
慣れている景色・場所だからなのか、
後輩たちが(今日は先輩も)いるからちゃんとしなくては
という意識があるからなのか、
かつてここでベストな状態でテニスをしていたという経験からなのか。
なぜかはわかりませんが、今日も自信もっていい意味でとても楽しくできました。

 昨日の練習では、自信もってたたけなかったのに。
その反省を生かすことができたということかもしれませんが、
本当に不思議です。

 おまけにボレー練習、時間をかけてあげてもらうチャンスがあり、
「今年一番」の打点がつかめました。
練習するたびにさらに「今年一番!」にできるよう、
そのいいスタートが切れたかなと思います。

 学大オムニ
 
北門コートの南半分がオムニになっていました!





スポンサーサイト

自信もってたたけるように。

 こんばんは。ぴーです。
今日は小雪が一瞬舞った中で練習。

 レシーブをみずからストレートにふった。
相手の後衛は、(後衛自身から見て)右方向(クロス)に走ったが厳しい感じ。
打ち切れずに手ごろなボールがクロスに返ってきそう。

 スマッシュで仕留めようと、大きい返球を予測してクロスに下がったら、
小さくネット際に返ってきて、処理を困った。
結果、ボールを上からたたけずに
決め切れなかった。むすっ

 せっかく自分から仕掛けたのになあ。
あまりボールをきちんとたたくには、
フットワークとかも大事だし、ラケットの使い方とかいろいろあるけど、
それらが一応できたとして、あとは自信。
ふつーにやればいいことを、あわてずに処理できるように。

 いまだにそんなことを言っている私は、
何年ソフトテニスをやってるんだ・・・


 今日、一緒に練習したみなさま、スペシャルありがとうでした。

おしるこ缶続報

こんばんは。ぴーです。

 今日は雨が降って寒い一日となりました。
明日の朝までぐずつくのですが、雨がやんでからは
気温もあがって3月から4月なみになるとか。

 寒暖の差が激しいです。電車で汗かいて、かぜひいちゃうんですよね。
しかもうたた寝するから(笑)
気をつけます。

 今年は地元の自販機に、缶のおしるこが、まだ健在です。
いつも年があらたまると、新作のコーヒーなどに取って代わられているのですが。
うーん、なんとかがんばって居残ってほしいと思います。
2月になってどうなるかですね。
踏ん張りどころです。

先輩と新年会

シャキーン!!

 こんばんは。ぴーです。
冒頭の擬音は、モスコミュールを3~4杯(自分で正確にわかっていない)
飲んだあとのわたしに気合を入れる音です。
いま、ちょっとへらへらしているかもしれません。(笑)

 今日は新年会でした。
試合会場でときどき会う高校の先輩が声をかけてくれたので、
可不可を言う間もなく、即答、参戦してきました。

 先輩の人脈でいろいろなソフトテニス関係のお仲間ともお話してきましたが、
ああ、やっぱり、母校の先輩と会うのは嬉しいものです。

 親とも違う、姉妹とも違うのですが、
なんでしょう、懐かしいような、甘えたいような・・・。

 決してひとりで世の中回しているわけじゃないんだと、
下級生のころの気持ちに戻った今宵の宴でありました。
ブログもきちんと書かなくちゃな。読んでくれる人がいるのだから。

ミスで終わる試合

こんばんは。ぴーです。

 東京インドア(11日)の余韻もさめぬうちに、
13日からは卓球の全日本選手権が東京体育館で開催されました。

 本日(18日)が最終日、それまでに8歳の小学生が高校生に勝利して、
福原愛選手の最年少記録を破ったとか、
斉藤選手(大ベテラン選手!)が通算100勝したとか、
松下選手(こちらもベテラン)が引退したとか、
ここまでもいろいろ話題がありました。
最終日のシングルスで、福原選手が優勝するかというのが本日の見どころでした。

 NHKでテレビ放映されましたので、チャンネルをあわせてみました。
(全日本選手権はやはりNHKが放映するのね)

女子の決勝には福原選手はおらず、
3連覇のかかった平野選手と日本国籍になった王輝選手が対戦していました。

 卓球というのは、ボールとラケットのラバーの特性からくるのだと思いますが、
たたく打ちかたや、カットする打ちかたなど、いろいろな打ちかたがあるようです。
テニス(硬式・軟式ともに)も、フラットで打ったり、ドライブやスライスの回転をかけたり
しますから、そういう点ではよく似ていると思いました。

 がまんすべきところはがまんする。
攻勢に出るところは、躊躇なく攻勢にでる。
特に女子の対戦は、王輝選手がカット主体の選手でしたので、
がまんくらべのようなところがありました。
チャンスを逃さずに打っていった平野選手が大事なところをモノにしました。

 ソフトテニスでいうと、ファイナルデュースの熱戦だったのですが、
最後は王輝選手の2本のネットで終わりました。
もちろんネットさせるような平野選手の配給・ボールの質だったわけですが、
王輝選手のミスで終わったような見ばえだったので、
そこのところは少し残念な気がします。

これはネット型のスポーツの宿命なのでしょうね。

 ここのところ検証課題にしている
一般のかたがたが見たときにどうか という点においては、
若干マイナスなのかなと思いました。
 ネット型のスポーツは、ノータッチエースでない限りは、
相手のミスでポイントが重ねられていきますからね。

 ノータッチエースはボレーやスマッシュではもちろんありますが、
(前衛としてはノータッチエースで決めないとね 笑)
ストロークではなかなかないことで、
それを考慮すると、相手のミスで「よしっ」っと声がでてしまうのは、
多少は許してほしいなという気もします。

 「ミスをさせる」 ということも大事なポイントのしかたなのだということが
一般のかたがたに通じるのかどうか。
わかる人にだけわかればいい というスタンスでいればいいのか。

ふと、チョロQを走らせながら(昨日のブログ)思ったしだいです。

それにしても、あのフロアに卓球台、今日はおそらく最高でも4台。
観客は2F以上にいますから、遠いなぁ。双眼鏡いるかも。


初めてのチョロQ

こんばんは。ぴーです。

 チョロQ ってご存知ですか。
ミニカーですけど、ブーンって走るあれです。
これまで特に遊んだこともなく、興味もなかったのです。
(って、初めて世にでたのが1980年らしいですね。
もうミニカーで遊ぶ年齢ではありませんでしたから・・・)

 しかし、先日とあるところでいただきました。

チョロQ箱

 おもちゃメーカーのタカラ(現在は合併してタカラトミー)が発売していますが、
全日空とJR東海 のコラボのようです。
名古屋空港まではJR東海バスで。そしてANA機でどこへ行くのかと。

実物はこちら

tyoro

 走らせてみたら、かわいいですね~。
けなげに走る姿がいじらしいですよ。

ちょっとはまりそうな気分です。

東京インドア(ショーワカップ)動画

先日開催された東京インドアの男女決勝の動画が、
東京都ソフトテニス連盟のページにアップされています。

11日の試合が13日にはアップされていました。
みることができてうれしいです。

http://www.sponichi-telebee.com/tv/tksta

言うは易し

こんばんは。ぴーです。
 今日は空気がとても冷たく、風が吹くと骨身にしみます。
って、「骨身じゃないでしょ」ってそこで笑ってるひと、
ほんとに寒かったんだから!

 さて、今年のソフトテニス上の目標は、いろいろありますが、
言うのは簡単。でも、なかなか実践できないことが多いです。
まずは、本当の意味でソフトテニスのゲームが楽しめる体力つけないとね。
思うようにプレーできるようにならないと、戦術も作戦もなにもへったくれもないですからね。

 あの、フィギュアスケートのまおちゃんは、
手足が長くて華奢に見えますが、ジャンプしたときなどに身体の軸がブレないように
猛烈に体幹(胴体部分)を鍛えているそうですよ。

 言うのは簡単。
だからあまり言わずにひっそりと、できることからはじめたいなぁ。
・・・・という、いまのところ願望。

 果たして1年後、結果はいかに。
今日もおやつに信玄餅、食べちゃったけど・・。
ああ、言うは易し。

2009年初打ち

こんばんは。ぴーです。

 ソフトテニスフリークのみなさんには、
『お、遅ーーーい』と、怒られそうですが、先日初打ち。
時間は短かったものの、細かいところも意識しながら
打てた有意義な時間だったので、
ほぼ理想に近い始動だったかも。

 おかげで課題がたくさん見つかりました。
もー、足がよれよれしてるし(怒

 それからグリップ修正もしつつあるのですが、
無意識にボレーすると、面が右向いちゃってるよん。あれあれ。
しっかり、焦らず、直すことにします。

 マウスを動かすときも、まっすぐ持ってね。そうそう♪
なんとかがんばります。

最後まで見たかった

こんばんは。ぴーです。

 今日はショーカップ東京インドア大会でしたね。
昨日のような強風もなく、インドアですけど観戦日和でした。

 私も朝、東京体育館に意気込んでいきました。
プログラムを入手したところでちょうど開会式が始まりました。
選手が紹介アナウンスとともにペアごとにフロアに出てきて、
ペコリと挨拶したあとに、サインボールを客席に打ち込んで定位置に・・。

 果たして、このショーワカップはどれくらいの時間を準備に費やし、
どれくらいの人数の人々が関わっているのかと、ついつい考えてしまう私です。
これほどの大会ですから、たいへんな準備があり、
さまざまな方々の力が結集されているのだと思います。

 さて、ぴー残念ながら都合で途中退席。
決勝まで見ることができませんでした。
聞くところによると

篠原・小林ペア と 佐々木・堀越ペアが 
どちらもファイナルの末優勝とのこと。

おめでとうございます。
本格的なインドアシーズンはこれからですので、
ぜひ好調を維持して、いいプレーを各地で披露していただきたいと思います。

見ためは度外視

ウカールアップ

なんだ、なんだこれはっ!





        ・
        ・
        ・


ウカール全体図

こんばんは。ぴーです。
今日は北風が強くて寒い一日でした。

見ためびっくりのこの物体は、
ご存知お菓子のカールがチョココーティングされているものです。
しかも、
「合格祈願 カール」
ときた。

数年前の受験シーズンには、
キットカットのさくら咲くバージョンを格調高く
紹介したのですが、
今年はこれがツボにはまってしまいました。

微妙に甘くておいしいです。
疲れた頭にはちょうどいいかも。

しかも、箱の上部には
ウカール呪文

うーん、まいった。
でも、ビジュアルがなぁ・・・。

寒くて買ったもの?

こんばんは。ぴーです。

 今朝は雪景色かもしれないと思い、
電車が止まっていてはいけないと早起きしたのですが、
自宅のあたりの雪はほんの少しだったようで、
濡れた地面しかみることができませんでした。
うーん・・・。

 そのかわりではないでしょうが、
一日冷たい雨が続いています。
帰宅時の空気の冷たさは、半端ではなく、
ぴー的には「潔くてよいっ」 という感じでしょうか。
それにしても寒かった。

 それでついつい衝動買い。
駅の改札脇に最近お店をだしたのが、
青梅が本店の「つつじや」さんです。
いろんな味のどら焼きがおいしい。

どら1

キャラメルクリームとフレッシュクリームを購入。
定番の小倉や、抹茶クリームとかチョコバナナとか、
いろいろあります。


どら2
こちらはキャラメルクリーム
くどくなくて、さっぱりしてます。


明日から3連休。
連休中のおやつにしよう。
あ、でもお正月にわき腹についたポニョを
ダイエットしてさっぱりさせないといけなかったのでした。しまった(汗

高校インドアで

 こんばんは。ぴーです。
関東地方では今夜から明日にかけて低気圧が通り過ぎ、
広い範囲で未明から明日午前中にかけて雪が降る予報です。

 年明けから比較的おだやかな気候でしたから、
今夜、そして明日の出勤時、要注意ですね。


 さて、高校生のインドアを見て、考えたことです。

 もう気持ちがふれあうことなんて
絶対難しいだろうと思っていた今どきの高校生たちが、
昔の高校生と同じようにコートの上でがんばってました。

ほんとに同じなのかなぁ。
同じだといいなぁ。


 団体戦の始めと終わりのネット際でのあいさつには、
監督の先生も一緒です。

「指導」の二文字に魅せられた幾人もの監督がそこにいました。
何十年も生徒と向きあい、
ソフトテニスに取り付かれたまま離れられない
監督たちが幾人も。
おそらく家庭や仕事を犠牲にしてるか、
あるいはそのギリギリのところで。


 同い年のソフトテニス仲間に出会いました。
おいおい、あたしたちって、
何十年前にここにいたんだっけ。
それ以来、この正月あけの東京体育館から、
いつまでたっても卒業できないのは、
よいことなのか、よくないことなのか(笑)

でも、ついつい行ってしまうのですよ。
現役の後輩達の顔も知らないのに。


きっと今年いち年、
前を向いていくための儀式なんだね。
自分の根っこを思い返すための。

発見!

 こんばんは。ぴーです。

 さすがに今朝は通勤電車も元どおり。混んでましたよ~。
しっかり足、踏まれました。押し返したけど(笑)


 さて、突然ですが、
大学王座戦というのは、文科系の部活にもあることを発見しました。

 将棋の王座戦が昨年末に行なわれたそうです。
優勝は東大だとか。う~ん。さすが。

 ソフトテニスと同様、
全国各地区で予選を勝ち抜いてきた大学が
参戦していますが、この参加校といったら、
みごとに偏差値の高いとこばかり!
将棋とお勉強がよくできる頭は
やはり相関関係があるのでしょうか。
(お勉強というより、集中力のような気もしますが・・・。
でもやはり、比例するのかな。笑)

 7対戦の点取り戦です。
一斉に並んで7対戦するようですが、
3対3で最後に残った一戦など、白熱するでしょうね。
さすがに一手ごとに、応援とか声かけとかはないでしょうが、
うしろからうちわ(将棋だから扇子か)で
あおってあげたりするのかな(笑)

ここにも若者たちの青春がありました。

詳細はこちら

http://www.asahi.com/shougi/topics/TKY200901060152.html

ちょっとの幸せ'09

こんばんは。ぴーです。

 まだ朝の通勤電車の混雑具合に余裕があります。
明日くらいから、エンジン全開、みなさん出勤となるのでしょうか。
(ちなみに同僚は今日まで休み)
でも、今週がんばったら、また3連休なんですよね♪

 今日、帰宅時に100円ショップのダイソー立川店によりました。
店舗面積が広く、置いてあるアイテム数も多いのでお気に入りです。

 お菓子のコーナーで見つけて思わず買ってしまいました。
チロルチョコ・バラエティパック mini 9個入り。

 9個入りで105円!フツーの大きさですよね、これ。
栗ぜんざい・もち入り が3つも入ってた♪
大満足のおやつでした。

チロルチョコ
@11.6666・・・円!わお。
一気によっつも食べた残骸が上に・・・



僭越ながら書いてしまう話

 こんばんは。ぴーです。
なんとか社会復帰して、職場で一日過ごしました(笑)
某社が1月1日から社名変更した影響を受け、
結構細かい作業で忙しく過ごしてしまいました・・・。


 さてさて、僭越ながらソフトテニスの発展を考えるとき、
(観客席に関係者だけではなくて、ソフトテニス未経験の一般の観客がたくさん入るような)
観るスポーツにできるのかどうか
これ、ポイントのひとつになるのではないかと思っています。

 あるいはもう少し根っこから考えると、
ソフトテニスは観るスポーツなのかどうか

 もしも、ソフトテニスというのは
「 観る 」よりも「 する 」スポーツ、あるいは、
経験者でないと観てもおもしろくないスポーツ だとしたら、
未経験の一般の人々にウケるようにするための施策は優先順位が低くなり、
経験者を増やすこと、あるいは経験者をソフトテニスから放さない(離さない)施策のほうが
優先されることになります。


 そこで、昨日観戦した高校生のインドア大会。(試合そのものの感想は昨日のブログ)
女子より男子のほうがおもしろいと感じました。
それは何故なのか。

 ・スピーディーな展開が多かったからか。見ていて歯切れがよかったか?
 ・ポイントを取っての点数加算が女子より多かったか?
 ・男子と女子を比べたら、どうしてもパワーや豪快さ、ストロークやスマッシュの威力が違う。
 ・男子のほうが、コートが狭く感じる。コートを支配しているように見える。
 ・対戦する相手のレベルが拮抗していたから、ポイントをとりあう展開が多かったか?
 ・男子のほうが、前衛が活躍する機会が多かった。
 ・相対的に女子のレベルというか、テニスの質というか、なんだろう・・
  が男子のほうがよかったからか・・??

うーん、どうしてもパワーとか、豪快さは見栄えがいいですからね・・。
女子でもパワフルな後衛やビシッと決められる前衛の試合はおもしろい
ということになるのでしょう。
一般ウケするには、単純に 速くて強い のが見えないとだめなのかもしれません。

 
 そして、もうひとつ考えなければいけないのは、
おもしろかったと私が感じたのは
私がソフトテニスの経験者だからなのかということ。

未経験の人が見ても、昨日の試合はおもしろかったのでしょうか。

ソフトテニスって、シュートボールでガンガン打つのもありですが、
パワーだけではない部分もあります。
中ロブでボールをまわしていくような。
そのワザというか、醍醐味は、
もしかしたらソフトテニスの経験者にしかわからないかもしれません。
前衛の動きの機微みたいなものも、きっと経験者にしかわからない・・・。
 

1)競技人口を増やす(あらたに経験者を増やす)
2)競技人口を減らさない(経験者を放さない)
3)未経験の観戦者を増やす

このうち3)は、やはり難しいのでしょうか。

ブログの最初に戻って、
ソフトテニスは観るスポーツなのかどうか、
経験者が観ないとおもしろくないスポーツなのかどうか、
身びいきはなしにして、考えてみたいなと思ったわけです。
自分の中でも結論はまだ出ていません。


 そして、今の段階でもしも、観るスポーツではない と判断されたとしたら、
今後、観るスポーツに変革したほうがいいのか。それが可能なのか。
上記1)と2)に集中すればいいのか、そうでないのか。

おっと、深みにはまりそうなので、またいつか続きを書くことにします。

うれしい話(東京高校インドア)

 こんばんは。ぴーです。

 今日は東京都高校インドア観戦に、東京体育館に行きました。
体育館の入口には、こんな横断幕が。

体育館

あー、あたしたちのときには、こんな横断幕はなかったぞ。
って、何十年前の話・・・。

ここ最近はずっとありますよね、横断幕。
かっこいいなぁ。

 10年くらい前までは、高校インドアを見に来ると
『 わ、私もまだできそう! がんばろっ 』
って思えたんですが、いまは

『 わ、すごっ、よくやってたなぁ 』
というのが正直なところ(笑)

 あのフロアで、必死にがんばってました。
どんなテニスしてたんだろ。あの頃のビデオがほしいです。ほんと。


結果はこちら。

男子
優勝 八王子
2位 清瀬
3位 拓殖大第一
3位 錦城学園

女子
優勝 文大杉並
2位 国本学園
3位 清瀬
3位 麹町学園

 男女とも2位までが関東選抜インドア大会に出場します。
ぜひ関東大会でも、力を発揮してほしいと思います。


 例年そうなのですが、
男子は好取組が多く、手に汗にぎる試合が多かったです。
決勝は2-0でしたが、
準決勝はたしかいずれも3番勝負でしたし、
清瀬はその前の準々決勝駒大高戦でも3番勝負ファイナルをしています。

 八王子はカットサービスやダブル前衛戦法を多様し、
試合に勝つこと、ポイントを取ることに対して
工夫を重ねているのが見てとれます。
その技が、まだ成熟しきってはいない感じ。まだ1・2年の冬ですしね。

 それに対して、清瀬は後衛と前衛のバランスがよく、前衛うまかったですよ。
後衛もしっかり打って、ねばりもありました。
特徴がまったく異なるチームですので、次の対戦がまた楽しみです。
清瀬には、その形を変えることなく自信を持ってさらに精進してほしい。



 女子は文大杉並がひとつ抜けています。
決勝もG4-0、G4-0でした。

 国本学園は対等に打てる力があるのに、
ガチの勝負を避けたという印象をもちました。
ラリーの途中でストロークにカットをいれてみたりするのは、
作戦といえば確かにそうなのですが、
いくらインドアとはいえ、
まだこの時期の選手がしなくてもいいのにな。
しっかり打つほうがいいのでは・・
と、思ってしまいました。
ミスにもつながっていたし。

 ですがこれはもう監督さんと選手の考えですので、
○か×かは、それ以外の人が判断することではありません。

 でも、打ち合っても負けないだろうにな~
よもや一発の打球力では負けても、
展開力は負けないほどにあるのでは~
と想像できるだけに、少し残念な気がします。
特に後衛は、目一杯戦って負けた 
という気がしないんじゃないかな・・。

 いやいや
これはもしかしたら、関東インドアのための
テストだったのかもしれません。
関東インドアでの活躍を期待したいと思います。

 清瀬はドローが残念でした。
少し違っていたら、男子に続いて女子も関東の可能性大でしたね。

 ほかにも都立でベスト8に入ったところも複数ありますし、
(正確に記録してこなかったのでここでは列挙しませんが・・)
このまま全体のレベルがあがってくれることを祈りたいと思います。


 今日はいろいろな意味でうれしかったのです。
母校の結果ももちろんうれしいですし、
多くの高校生ががんばってるのを見ることができたこと。
そして、自分も昔、がんばってたんだなって
思い出し、自分の根っこをもう一度見つめなおせたこと。
それから、いろんなテニス仲間に体育館で会えましたし。

あー、明日から社会復帰しなくちゃ。
仕事いけるかなぁ。

微妙な話

こんばんは。ぴーです。

 年頭から甘いお話で恐縮でした。
昨日のブログに載せた缶は、うちの近所の自販機で容易に購入できるもの
ばかりだったのですが、ほかのメーカーでも
工夫を凝らしている発売している様子です。
また、リサーチできたら発表したいと思います(笑)

 さて、今日は少しテニスネタ。

 「ラケットを手のひらのように使う」って、よく言われるじゃないですか。
ぴーも、中学校のときに顧問の先生に言われたです。

   日体大卒のかっこいい(しかも安西マリア似のかわいい)女性の先生で、
   いま思えばすっごい先生にソフトテニスのソの字から教わっていたのだなぁと
   あらためて恐縮するです。



 ですが、最近はどうにも手のひら感覚がつかめていなかったのです。

 ところが、元旦から、ラケットニギニギしているなかで、
なんとなく、つかめた気がしています。

OKのにぎり
okにぎり

ブブーのにぎり
×にぎり

あくまでこれは握力がすっごく弱くて、
かつ、手首の柔らかさが皆無のぴーにおける話ですので、
万人共通のお話ではないと思います。
みなさんにはあてはまらないと思いますよ。



え、違いがよくわからないって。
いーの、ぴーにはよくわかるのです。



てのひら

手相占いのWebページでは、
手首のすぐ上、小指の下のふくらみを月丘と説明しています。
親指側の下のふくらみは金星丘と呼んでいるようです。

ぴーの悪いときは、グリップエンドが月丘にあります。
なぜか丘の上にあるのです。
握力が弱いからか、しっかり握っていないからか、手首がかたいからか
原因はよくわかりません。

しっくりくるときは、月丘と金星丘の間のくぼんだところに
きちんとグリップが収まっています。そこは火星平原というらしいです。

ちなみに月丘が発達している人は想像力豊かでロマンチストだとか。
発達しすぎると、誇大妄想だったり夢と現実をごっちゃにしてしまうんですって。

金星丘が発達している人は情の濃い暖かい人情派。
でも発達しすぎている人は、情におぼれて我を忘れるタイプらしいとのことですよ。

ま、ここは笑って読み飛ばしてくださいね。


 このグリップのしっくりさは、
握る位置をほんの少し移動させようとしたところから気づいたものです。
(正しくは、10代のころの握りに戻そうとした)
写真でははっきりと写ってはいませんが、ズレナー装着中です。

いちおう元旦から3日間は、この握りでの素振りが続いているのでした。
さて、3日坊主で終わるのか、このまま続くのか。こうご期待。

甘い話

こんばんは。ぴーです。
お正月1回目らしい(?)話題をひとつ。

 飲み物の自動販売機で販売しているものって、
最近いろいろなものがでていますよね。
不二家のネクターも感動ものでしたし、
懐かしのメッツなんていうものあります。

 ぴーのお勧めは、
『 おしるこ 』 です。

 風がぴーぷー吹く寒い日の帰り道は、特にあったまります。
しかも、小豆のつぶつぶ入りのものは、
缶をうまくまわして液体とつぶを一緒に流し込まないといけないので
結構ワザがいります。
つぶを残したら悔しいので、アクツ(体温じゃなくて気持ちが)なります・・。

 しかも!
飲み会の前にぐいっと1缶飲んでおけば、悪酔いなしです。(私はね)
おそるべし小豆効果。

 だから冬になると、自販機におしるこを探してしまうぴーなのです。

 しかし、しかし!
ここ数年ずっと、年を越すと自販機のラインナップからはずれてしまうパターンが多く、
今年はどうなるのかとやきもきしています。(もう何年もおしるこウォッチングしているのだ)

なんとか3月までもってほしい・・・。
需要が少ないから、ほかのものと変えられてしまうのかと思い、
ことあるごとにおしるこを買ってしまうのでした・・。

数社から出ていますので、ご紹介。
ポッカというと、なぜか柴田恭平さんを思いだす。
今年は小豆のつぶが、あきらかに少なくなってます。

ポッカ

伊藤園は大納言という小豆をつかって、その風味を活かしています。
今日紹介する中で、いちばん甘くないです。つぶつぶは多し。

伊藤園


アサヒは小豆のつぶつぶがいちばん多いです。
しかも甘みもぴー好み♪ 一押しです。
自販機の数も多いのがうれしいです。

アサヒ


キリンは上の3つとは違ってつぶつぶなしです。
まさにおしるこを「飲む」という感じ。
おまんじゅうはこしあん派のぴーですが、これは少し物足りない。
でも、甘さでまったりしたいときにはいい感じかも。

キリン


 みなさん、寒い日はおしるこ缶をぜひ、お試しあれ。

20090101

新しい年を迎えました

今年もよろしくお願いいたします。
みなさまに幸せが訪れますように。

ソフトテニスを楽しみましょう♪

                          ぴー

                          



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。