SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これからのこと

こんばんは。ぴーです。

 少し間があきました。
2009年になって、2008年のまとめを公私ともにしていたりして、
バタバタと過ごしています。
ここのところ天候不順で雨が降ったり寒かったり。
テニスも予定通りにできればいいのですが。

 4月以降・新年度の予定が着々と決まっていきます。
試合の申し込みも始まり・・・。

 勝敗にこだわることは大事ですが、それだけではなくて、
今年は試合そのものを楽しみたい。
ひとつひとつのラリーやポジションどりの質にこだわるような
テニスがしてみたい気がしています。

 って、またまた「言うは易し」なのですが(笑)

コートに入ったら、あわてず落ち着いて自分のペースでできるようにしたいものです。
なんとなく気持ちが改まる今日この頃です。
スポンサーサイト

武者修行

こんばんは。

 以前、外出先で飲んだギネスがおいしかったので、
冷蔵庫にストックしておきました。
本日、テニスして少々お疲れだったので、プシュっとあけたら
ごくごく飲めて(ちょっと誇張あり)すぐにおやすみなさい・・・・
今、目覚めました。

 すっかりオ○ジな私でございます。

 今日もいろいろなかたにお世話になって、
某市の練習会に参加させていただきました。
こういう少し緊張する場面は、とてもいい刺激になるのですが、
自分の気持ちがしっかりしていないと、
逆に自分のダメダメな部分を見つけてしまったりします。

 また課題が増えた・・・・


今日お世話になった恩返しは、これから頑張るっ ということで・・。

何年ぶりかで会った人もいました。
また別の何らかの形で、テニスコートで会えたらいいですね。

とうとう…

ただいま帰宅途中のぴーです。

とうとう立川駅のいつもの自販機からおしるこ缶が消えてしまいました…

コーンスープは残っているのにぃ(怒)

冬ですが試合に出てみた

こんばんは。ぴーです。
ここ数日だんだん目がかゆくなってきました。花粉が飛んでますー・・・

 今日はミックスの大会に出ました。
毎年この時期は実戦どころか、練習も思うようにできないのですが、
高校時代の先輩よりの指令を受け(笑)参戦させていただけることになりました。

 ぴーが参加のクラスは36ペア。
ペアの合計年齢でクラスわけされています。
行ってみたらこのクラスは特に豪華なメンバーがずらり。
元天皇杯、皇后杯選手や(チャンプも)、元ランキング選手とか(○○市のとかじゃなくてね)
新旧の東京チャンピオン、埼玉もおそらく新旧のチャンピオン、もしかして千葉も?などなど・・・。

 どのコートを見てもおもしろい対戦で、出るも楽しい見るも楽しい大会でした。
ペアの後衛さんはもちろん、現地でお世話になったり、声をかけてくださったみなさん、
そして大会関係者のみなさん、おつかれさまでした。ありがとうございました。


 ぴーの調子は例年のこの時期を考えるとまずまず・・でしょうか。
でも、やはりたくさん課題は出てくるものですね。

 前述のとおり、この時期はいつも試合どころではないのですが、
この冬はいろいろな人にお世話になりながら、細々とですが練習できています。
あと足りないのは、足腰の基礎体力と、細かい技の精度をあげること。
これは実戦参加の前段階で個別に取り組んでおきたい課題ですね。
それもまあ、ひとりではできないわけで一緒に練習してくれるみなさんには
感謝感謝なのであります。
これからもよろしくお願いします。


最後に大会詳細を。
2009 ソフトテニス プリンスカップ
(ほんとは2008年12月が天候のため延期になったもの)
主催 ダイワ精工株式会社
協賛 ナガセケンコー株式会社/明治乳業株式会社
協力 ラケットショップフジ/昭和の森テニスセンター
種目 ミックスダブルス

プリンスカップって、硬式の大会では超メジャーなアマチュアトーナメントなのだそうです。
バドミントンやスカッシュの大会も開催しているとのことです。


変化に対応、経験をつむ

こんばんは。ぴーです。

 ちょっと悲しいことが。
地元の駅そばの自販機から、おしるこ缶が撤退しました。
わかった。きっと春の新製品に取って代わられたんだな・・・。
ああ、きっとそうに違いない。
 ソフトテニスもウエアやラケットの新年度モデルが出ますよね。
パソコンも春モデルの仕様が情報誌等にそろそろ出始めます。
缶コーヒーやジュースも、そういったことなのかもしれません。

 立川駅中央線上りホーム、金曜には確かにあったけど、
もしかして来週なくなっていたらさびしいなぁ。
アルコールの前のぐぃっと1本ができない・・・・(笑)


 おしるこ缶とは別件ですけど(笑)
最近、頭でっかちではだめだと自分に言い聞かせているのですが、
実践するということはなかなか難しいですね。
考えることは多いのに行動が追いついていかないです。
くちばかり達者になってもだめ。黙って実行あるのみ。
本物を見て、実際にいろいろ経験してみないとですねー。
フットワーク軽くしていきましょう、と思う今日この頃です。

根っこを知る

 2009年1月20日、
アメリカ合衆国第44代大統領にバラク・オバマ氏が就任しました。
就任式は日本時間では21日未明でした。過去の大統領就任式はこれまでは関心がなかったのですが、今回は少し興味がありました。そこで災害時用に準備しているちびテレビを布団の中に持ち込み、音がもれないようにイヤホンで聞きながら見てみました。

 宣誓が日本時間の午前2時で、そのあと就任演説というスケジュール。
あまりに眠くて半分うとうとしていたことと、同時通訳がどうにも聞きづらかったことにより、
その場ではどのような内容だったかはっきり理解できませんでした。
翌日、新聞に全文の和訳がありましたのであらためて読み直すことにしました。

 政治的に無名だったオバマ氏が一躍大統領候補になったのは、2004年の党大会での演説があったからだといわれています。また、初めてのアフリカ系大統領ということもあいまって、今回の就任式ではどんなことを話すのかというマスコミ等の期待度はそれは高いものでした。ですが、さすがにリンカーンや、ケネディのような歴史に残るような名演説とはならなかったようです。

それは、聴衆の喝采を得るような言葉ではなく、
責任ある立場に立ったものとして、アメリカの現状や今後の姿勢を指摘し導くような言葉だったため という論評がありました。
なるほど、単に国民の気持ちを煽り盛り上げ、勢いだけのその場の拍手を得るのではなく、
逆に指導者・リーダーとしては誠実だったのではないかと思います。

 そのような突出した演説ではない中にも強く感じたことがあります。
アメリカ国民として、自分たちの国の成り立ちを理解して常にその根っこの精神に戻って進んでいこうとする姿勢があるということです。

ユーラシア大陸からの移民がアメリカという新大陸をめざして渡り、
アフリカ大陸からは奴隷として人々がつれてこられたあと、イギリスとの独立戦争に勝って独立宣言をしたのが1776年。

先人たちが何を成し遂げ、そして自分たちの国がどう成り立ってきたのか。
それらを踏まえて今後どうあるべきなのかを説き、力強く民衆をまとめあげようとしています。
おそらくどの大統領でも多かれ少なかれ就任演説の際には触れることなのでしょう。

ハリウッド映画の中で、宇宙から未確認生物によって侵略を受けたときも、
彗星が地球に衝突し洪水がおき、アメリカが水没したあとも、
核爆弾が爆発したあとの復興のときでさえも、
アメリカの大統領は強いリーダーシップをもって国民に呼びかけていましたし(笑)

 その根っこの部分を、アメリカ国民は皆理解しているのではないかと思います。そしてその根っこの部分に誇りを持っている。だから、国家として力強いのではないかという気がしています。
先人たちがどのように歩み、それを継ぐ自分たちはどうあるべきなのか、何をなすべきなのか。
それをきちんと理解していれば、多少のことでその信念がブレることはないのでしょう。
果たして日本人はどうよ、と問われたら返す言葉がありません。

 このことは国家・国民の話にだけ当てはまるのではなく、私たちが暮らしていく中で、すべてのことに当てはまるような気がしています。

すべてのことには必ず成り立ちがあって、意味や理由があるのだと思います。
無駄なことはひとつもない。モノ、人、事象、その他もろもろ・・・。
ソフトテニスの練習ひとつとっても、「いま自分は(試合の)どの場面のための練習をしている」と理解し、「そのためにはこうしなければ」と意識して練習しているのと、わからずにただ漫然とボールを打っているのでは、効果が全く違うと思うのです。

 私がソフトテニスをするのにも、「好きだから」ということはもちろんですが、それだけでは何十年も続けてこない。意味や理由があるのです。それを踏まえ、自分のいくつかある芯のひとつとしてしっかりしたものを確立したうえで、続けていきたいと考えているわけです。
なかなか難しいことですが、自分のしていることに責任と誇りを持ち強くあるためには、そうしていかなければいけないのではないかと思っています。

 若い人たちにも・・・と人に押し付けてはいけませんが、単に「楽しい」というだけではなくて、自分の中でソフトテニスってどのような位置づけなんだろうと、思いをめぐらせてみるのも、たまにはいいのではないでしょうか。

ご近所散歩

こんばんは。ぴーです。

 ぴーんちの近くには、公営のテニスコートがあります。
抽選であたれば使えるのですが、申し込んでもなかなかあたりません。
だって、面数がとても少ないのです。

 先日オムニに変わったと聞いたので、見に行きました。
確かにオムニになっていて、硬式テニスの4人グループがテニスを楽しんでいました。
これからは雨の翌日でも十分使えますね。

 テニスコートの脇には土というか、小さな石が敷き詰められた広場があります。
ちょうどテニスコート3面分くらいの広さでしょうか。その向こうにはブランコなどの遊具もあります。
コート3面分の中央は人々の通り道のようになっていて、右半分では少年野球のチームが軽くノック練習をしていました。おそらく隣の野球場の予約時間になるのを待っているのでしょう。

 左半分には、小学生くらいの男の子がふたり、なんだかうろうろしていました。
何してるんだろうって思い見ていたら、いきなり地面に足をひきずって直線を引き始めました。
三角ベースでもするのかしらと思っていましたら、長方形を描きました。
おっきな長方形のなかに、さらにもうひとつ、長方形。

 なんとテニスコートを描いていたのでした。
ふたりがやおら取り出してきたのは、ソフトテニスのラケットとボール。
おおーっ。

 ふたりは乱打(のようなもの)を始めましたが、なかなかラリーが続かない。
「どこ中なの?私も入れて」と思わず声をかけそうになってしまいました。
(一応、年上に見えたことにして中学生かと聞いてみようかと思った・・)

 でもそこはぐっとこらえました。
昔々、私も公園で、バドミントンのラケットと小さなボールを使ってテニスの真似事をしたことがありましたから、それを思い出してとてもほほえましい気持ちになりました。

 たぶんまだ中学に上がる前か、中学でも1年生くらいに見えました。
これからもっともっとソフトテニスを好きになってほしいなと思います。
そういう子たちが、抽選にあたらなくても、お金を払わなくても、好きなときに自由に使えるテニスコートがあったらいいのに・・・・。


 余談 : その公園からぴーんちに戻る途中にある坂、七曲坂という名です。
結構きつい坂で、確かに途中曲がったりしてます。これ、いい運動になります。
全力で走るとアスリートのような気分が味わえます(笑)

七曲坂




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。