SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私の原点・もういっちょ。

こんばんは。

 私のテニスの原点について前回書きました。
この、中学時代に感じた「嬉しい!」という気持ちのほかにも、実はあるのです。
原点って複数あっていいのか・・・って突っ込んでる人、そう、そうですよね~(笑
でも、あるのです。


 中学3年のとき、同期によくできた後衛がいてペアを組むことになりました。
幸い彼女がゲームをつくってくれましたので、私はネットの前で、声だし・気迫とオーラ発散専門係(?)となり、
都大会のそこそこのところまでいくことができました。

 負けた試合はファイナルだったのですが、なにせ旧ルールだったもので、
トスで負けてファイナルはレシーブでした。
確かポイント3-2の相手のマッチ。
相手後衛の渾身のファーストサービスがバック側に入り、空振りだったかバックアウトだったか
で、ゲームセットとなったのでした。

 この試合、良くも悪くも印象深く私の中に残りました。
その後進学した高校の恩師にも、「前衛はレシーブが大事」と言われましたが、
すでに中学のときに、自分のレシーブ力の情けなさにへこんだものです。

 でも、その試合があったから、「高校でもテニスを続けよう、上を目指そう」と、
思ったのでした。

 偶然ですがその試合会場は、その4年後、私が進学した大学のコートでした。
中学のときは将来進学する学校だなんてこと思いもせずにいました。
進学して練習に参加したときは、感慨深いものがありました。
「このコートで負けたことが、今につながっている・・」と、ね。


この記事に対するコメント

原点かあ。
 私の場合はなんなのかな。

 毎日の天気予報が気になって、今日は出来る出来ない、出来るならいつから出来る、雨が長引くから、ラケットは新聞で巻いておこう。
 なんて。
 好きで好きでたまらぬ。私のその気持ちはどこで作られたのでしょう。

 小学生の時は、何をやっても、遅い、下手、不器用、恐がり、力もない。引っ込み思案。

 ところが、ソフトテニスをし始めると、どうも他人よりうまく打てる。これはいいぞ。とまたのめり込む。とまた向上する。

 小学生の時の運動に対する劣等感ではなかろうか、と思います。

 これは(ソフトテニスは)自分を活かすことが出来る。こんなきれいな言葉では意識しなかったと思うのですが、そう、とらえたのでしょう。

 私は運動神経抜群のエリートでなくてよかったと思います。人の2倍3倍工夫する気持ちがもてましたし、また、そんな子どもの気持ちがわかりますし、寄り添うことができますからね。

 ぴーさんとずれたかも知れませんが、そんなことを考えました。
【2006/12/17 00:46】 URL | アゴイ! #-[ 編集]

ぴーさん、こんばんは。
遅ればせながらブログ100本おめでとうございます!
100本ってなかなか達成できないものですね。
これからも楽しく読ませていただきます。

“原点”が何かというのは難しいですね。
ぼくもアゴイさんと比較的似ていて、小学校のときは球技はわりと苦手なほうだったのです。むしろかけっことか、器械体操なんかのほうが得意だったように思います。

中学でテニス部に入ったら、比較的ボールを打てるのでその気になってしまったというのはありますが、いま思えば当時のテニス部は弱小で、運動神経のいい連中はみな野球部とかバスケ部に入ってしまっていたため、典型的な“井の中の蛙”だったのだろうと思います。

ぼくの“原点”というか、これまでテニスを続けてきた“原動力”のようなものがあるとしたら、それは“不完全燃焼”ではないかと思います。
中学・高校ともテニス部の活動が盛んではなかったために、テニス三昧の日々に対する憧れは相当なものでした。
大学では体育会である意味テニス三昧でしたが、特にこれといった戦績も残せなかったので社会人になっても続けたのだと思います。

ぐだぐだ述べてしまいましたが、簡単にいうと、テニスが好きだ、ボールを打つことが好きだというその一点に尽きるのでしょうね。
【2006/12/17 22:20】 URL | 冬のアナタ #-[ 編集]

アゴイ!さん、冬のアナタさん コメントありがとうございます。

 私も、運動神経は決していいほうではありません。小学生のころから身体が硬く、マット運動や鉄棒なんていつも泣いてました。
リズム感も悪く、いまでもカラオケいってマラカスを振らせたら、一同爆笑です。

 「天職」という言葉がありますが、まさにソフトテニスの前衛(前衛に限る)は、私の「天スポーツ」でした。
 中学のときに迷ったバスケットを選択していたら、脚力、腕力、瞬発力、いずれも平凡でたいした結果も出せずにここまでうん十年も続けてこなかったと思います。
 ソフトテニスにめぐりあったとしても、後衛だったら、やはりここまで続けていなかったような気がします。
 前衛でよかった。心から思います。


 そして、テニスが好きなんですね~。なぜかわかりませんが、好きなんですよ。なぜでしょうね~(笑
【2006/12/17 23:50】 URL | ぴー #mQop/nM.[ 編集]

原点かぁ・・・・
改めて考えると、深いですね。

私は母が高校時代インハイ・国体選手で、
社会人になったら母と叔母が組んで国体に出場したというDNAから来ていると思います(笑)
母の弟である叔父もソフトテニスをしていました。

私の姉もソフトテニスをし、私も見よう見真似でボールを追っかけていました。

だから私の背骨はウッドラケットなのです。

テニスの原点を思うと、今は亡き母を思い出してしまうので、ちょっと悲しくなるのです。

でも母はいつも私の最大の応援者でした。

お母さ~ん!
千代子は頑張りよるけんね~

と叫びたくなります。
【2006/12/18 00:03】 URL | チヨコ #-[ 編集]

チヨコさん コメントありがとうございます。

 すごい濃いDNAですね。さすがはチヨコさん。
お母様のためにも大学院でのソフトテニスの研究、大変だとは思いますが、がんばってください。
応援してます。
【2006/12/18 00:37】 URL | ぴー #mQop/nM.[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://bridgepiee.blog29.fc2.com/tb.php/101-3cf229e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。