SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一流選手ならば。

ああ、泣いた泣いた。ぐすん。こんばんは。

 餃子を作ったであります。少~しお得意、しそ入り餃子。
玉ねぎみじん切りのところで、泣きました。
小さくて離れている瞳なのに、よくしみました。玉ねぎが。


 さて、前のブログで

>十代のころは、すべてのことを 「・・・・しなければならない」「どうあるべきか」で
>決定していた気がします。
>しかし、年を重ねるにしたがって、「どうあるべきか」よりも
>「・・・・したい」 が物事決定の基準になってきたように思います。

と書きました。


「どうあるべきか」という理想をいつも追求するということは、
とても苦しいことなのだと思います。
別にそんな理想的にならなくても、ふつーに楽しく生きていければいいと、多くの人は思うことでしょう。
私もそのひとりです。前にも書いたとおり、年をとるにつれて「いーじゃないそんなの」って
思うことが増えました。

 しかし、しかしです。
その人の立場が上になればなるほど、「いーじゃないの」と言ってられなくなるのではないでしょうか。

 たとえば部活の中で、学年があがって後輩ができると、
「もう礼儀に気を使わなくていいんだ」「気楽だ」ではないんです。
学年があがるほうが、部全体のことを考えなければいけないので大変なんです。

 団体戦のメンバーに選ばれた。「ああよかった」「うれしい」だけではすまなくて、
選ばれなかった人たちの気持ちも一緒に背負って戦って、勝つことが大命題になります。

 職場でも、同じことです。
責任ある立場につけばつくほど、たったひとつの指示ミスが命とりになったりします。

 家庭でも、夫婦ふたりの時代と、子供ができた時代とでは、
自分の振る舞いや言葉づかいに気をつける度合いが違ってくると思います。
子供が見てますから。

 ソフトテニスの世界でも、試合で勝ち上がっていけばいくほど、
まわりの人たちから注目をあびます。
良いところを学びとろうと、まわりはどんなときでも見ています。

 とくに、小中学生が真似をして恥ずかしくない選手でいてほしい。
強い選手ほど自分を厳しく律して、誰が見ても恥ずかしくない
ソフトテニスの選手として、人としての理想を追い求めてほしいと思うのは、
もう古臭いことなのでしょうか。

 トーナメントを勝ち上がっていく選手は、「自分が負かした相手の分も含めて次またがんばる」
と同時に、
そのような、「みんなの理想に近づく責任があるのだ」と言ったら言い過ぎでしょうか。

 一流といわれている選手に、それにそぐわない振る舞いがあったと聞くたびに、
がっかりさせられます。ただ強けりゃいいってもんじゃない。

なんとなく、そんなことを考えた夜でありました。







この記事に対するコメント

 昔、息子の高校が優勝したので、監督を囲んで慰労の宴会をしました。
 さて、席を決める時、監督に「ここが一番全体が見えるからいいでしょう。」と上席をすすめると、
監督「年若な私が上席は遠慮します。保護者会長さんにどうぞ。」
私「眺めのいいところに立つものは風当たりも強いのです。ここの席はそういう席です。」
監督「はあー、今とてもあちこちから風あたりが強いのです。」
ここで大笑いが起こるのですが、競技で上位に立つものの責任と自覚を述べられるぴーさんの意見に通じるものがあります。
【2005/12/19 07:46】 URL | アゴイ! #-[ 編集]

大学軟庭部の卒業文集にある先輩が書いていた一言が忘れられません。

“レギュラーの者は他人の機会を奪って出場していることに気づいていない”

ぼくはレギュラーになったこともあればなれなかったこともあるので、このへんの微妙な気持ちはなんとなくわかるような気がします。

「他人の機会を奪ってレギュラーになったんだから負けたら許さん」などというつもりはまったくありませんが、非レギュラーの側から見ていて一番腹が立つのが、ボールを丁寧に扱っていないのを見るときです。
やはりレギュラーには勝ち負け以前に、手抜きの一切ない丁寧なテニスをしてもらいたいものです。
そしてやはりマナーでだけは負けないでほしいと思います。

ところでぼくは以前、会社の上司から「お前は“べき”論で考えすぎる。もっと“である”論で考えろ」と言われたことがあります。いまだにどういうことなのか完全には理解できないのですが、要するに理想論ばかり言っている「青い奴」だということなのでしょうか(笑)
【2005/12/20 13:36】 URL | 冬のアナタ #-[ 編集]

アゴイ!さん、冬のアナタさん、
コメントありがとうございます。

決して偉そうなことをいうつもりはないのです。

私たちがいろいろな面で憧れる選手を待ち望んでいる ということかもしれません。

【2005/12/20 22:33】 URL | ぴー #-[ 編集]

ぴーさん、こんばんは。
>ソフトテニスの選手として、人としての理想を追い求めてほしいと思うのは、
もう古臭いことなのでしょうか。
そんなことありません。『昔』を何でもかんでも『時代遅れ』と否定するのは『根無し草』の議論になります。
アゴイ!さん、冬のアナタさんのご意見もとっても共鳴できますね!周りがあっての自分を絶対に忘れたらいけませんね。
【2005/12/21 00:02】 URL | クッキーの父 #-[ 編集]

クッキーの父さん、こんばんはです。
コメントありがとうございます。

私自身も、理想に近づくように努力しないといけないですね。
そういえば、自分が努力することを忘れていました、ほんとに。
そうですよね、古臭くなんかないですよね。

よし、理想のねーさんをめざします。
【2005/12/21 00:27】 URL | ぴー #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://bridgepiee.blog29.fc2.com/tb.php/18-80d29bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。