SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マスターズの前に(1)

こんにちは。ぴーです。

 「 マスターズの前に 」って、たいそうなタイトルをつけてしまいましたが、
すごいことを書くわけではないのです。
あと一月ほどに迫ったマスターズが私にとっての
大イベントになりますので、
ブログを書くにも、それは避けて通れないのです。
ですので、ちょっとタイトルにつけてみました。

 そんなたいしたことは書けません・・・(笑)
書くことで自分を奮い立たせているのかもしれません。


------------

 先日、あるチームにまざっての練習。
意識もレベルも高い人たちの中で思ったこと。


<自分はスタミナも脚力も、まったくついていってない>

 それは無意識のうちに目をつぶっていたこと。
継続的な練習をしてこなかったから、
しかたないと思いこんでしまっていることだ。
でも、まだ間に合うか。間に合わせないと。


<それから技そものもだって、ぜんぜん追いついていない>

 いまから上達することは、
まったく無いわけではないけど、あまり望めない。
とにかく本番で持っている力を100出せるようにしよう。
予選のときのように。


<何もかもが追いついていないとわかって、気持ちがへこんだ>

 へこんだときにはいいプレー、いいゲームはできない。
これまでの経験でわかっていること。
自信をもって落ち着いてコートに入れたときに、
いい結果がでているのはわかっている。


 ここは自分が居ていい場所なのだと思えたときに、
自分をすべて隠さずに出していいのだと思えたときに、
いい結果がでるのはわかっている。


 ペアでお互いにきちんと自分のことができれば、
そうそう簡単にはくずれないはず。

 口はばったい言い方だけど、
試合にでることの重みを感じながら過ごさないといけない。
予選もあり、ほかに出たかった人もいるのだろうから、
その人たちの分まで。
その思いを自分たちの力に変えなければ。


 それにしてもおーいにへこんだ。
すっごく疲れたし。
でも、でもですよ、必ず身になると思った。
この時期に勇気を出して参加してよかった。
反省材料がたくさん。でも、あらためて前向きになれそうだ。
ファイトファイト。



・・・・・・チームのみなさんは、大事な試合の前でした。
それなのに参加させてくださいました。
それから今回のことではいろいろな人にお世話になりました。
みなさんへ心から感謝を申しあげます。

試合、がんばります。

この記事に対するコメント

 何かを克服出来たという、思い出はいつまでも残るものですね。
 
 長い夏休みを練習に明け暮れ、秋になったとき、出来なかったものが出来るようになったという感覚は、今でもこの「腕」に残っています。

 人生これだけで、このことを最大の目安や、物差しにして、その後の40年を生きることが出来るのであります(笑)

 残念、マスターズ、応援に行けません。県民体育祭の審判に動員されました。ご健闘を祈ります。
【2008/08/14 17:05】 URL | アゴイ! #-[ 編集]

アゴイ!さん コメントありがとうございます。

できることをし尽くしているかと問われると、
自信をもってし尽くしていると答えられるかどか、疑問です。
でも、試合に対する意識だけは、切ることなくもち続けようと思います。

県民体育祭の審判、お役目おつかれさまです。
私も高知でがんばります。
【2008/08/14 23:19】 URL | ぴー #mQop/nM.[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://bridgepiee.blog29.fc2.com/tb.php/236-8ccfad60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。