SoftTennis Network『BRIDGE』
優しく温かくソフトテニスを見つめるぴーさんのブログです。

プロフィール

ぴー

Author:ぴー



最近の記事



最近のコメント



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



みなさまようこそ!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


桜が咲く春に。

こんばんは。

 テニス部の練習に参加するため、母校に行きました。
学校前のバス停から校門までの直線道路は200メートルくらいあるでしょうか。
桜の木が並んでいます。
少しずつつぼみがふくらんでいました。
ちょうど入学式のころは、満開かもしれません。

 校門を入ると、合格発表の掲示板があります。
今日も、母と子が何組も、その掲示板をあらためて確かめるように
見上げていました。

 先日の発表で合格した学生とその親御さんでしょう。
自分の子供がこれから学ぶ学校の構内を、見にきている様子です。

 地方から出てくることになった学生の、一人暮らしの部屋を整え、
それから子どもが学ぶことになった場所を見ておきたいという場面かしらと
かってに想像しながら横を通り過ぎました。


 春、新しいことが始まる春。
学校、会社、家庭、いろいろなところで新しく何かを迎える人へ。
今の気持ちをぜひ忘れずに、前に前に進んでほしいと思います。


 以前、プロ野球の清原選手のことを書いた新聞記者さんのコラムを紹介しました。
私はその記者さんのコラムが好きです。
切り抜いてことあるごとに読み返しているものもあります。
今日もまた、キュンとなってしまう文章を書いています。

 もしかしたら、全文掲載は権利関係等でまずいのかもしれませんが、
おしかりを受けるまで以下にご紹介したいと思います。

朝日新聞編集委員、西村欣也さんのコラムです。

 

『 あれは底冷えのする日でした。
 昨年の9月28日、西武との最終戦を終えたあなたは、
ゆっくりとバックスクリーン方向へ向かいました。
搬入口からスタジアムの外へ出て、車に乗り込みました。
笑顔さえ見せました。

 仰木さん、あなたは、もうスタンド下の階段を昇れないほど、
消耗していたのですね。
 末期の肺がん。もう、このスタジアムに戻って来れないことを
覚悟していたはずです。

 その前に、あなたはこっそり清原を訪ねました。
「お前の花道はおれがつくってやる」。
命をかけての入団の説得でした。

 その清原は2安打しました。86年にプロ初本塁打を放ったこの球場で、
彼は21年目のスタートをきりました。
オリックスは開幕戦をものにしました。
WBC優勝の余韻もあって、3万28人が球場に詰めかけました。


 パ・リーグ人気は大丈夫ですよ。
インボイス西武ドーム周辺の桜が咲き始めています。

 あなたはいない。でも、春が、また巡ってきました。』



仰木さん、かっこよくて大好きでした。

この記事に対するコメント

ぴーさん、こんばんは。
仰木監督のダンディズム、憧れです。若い人たちに慕われる事は何にも代え難い財産ですね。自らの死期と引き換えに多くの物を私達に残してくれました。あやかりたいと思っていても、後輩からはスラムダンクの監督(読んでないから分からない)や野村監督(長いミーティングの正でしょうか)になぞられてしまっています(涙)これって褒め言葉と取れないですよね(笑)
【2006/03/27 21:50】 URL | クッキーの父 #-[ 編集]

クッキーの父さん、コメントありがとうございます。

いやいや、スラムダンクの監督は私もわかりませんが、
野村監督のようだといわれるのは、緻密な野球(ソフトテニス)を
指導なさるからに違いない(笑)

あ、ここで(笑)をつけてはいけなかったか・・。

それにしても、野球を 「知っている」 野村監督、尊敬できる人だと思います。
【2006/03/27 23:26】 URL | ぴー #-[ 編集]

ぴーさんの文章、いいですね・・・。
じ~んときてしまいました。
西村さんの文章もいいのですが、このようにこのブログを構成したぴーさんがまた素敵です。

素敵な春がやってきますね。
【2006/03/27 23:52】 URL | チヨコ #-[ 編集]

チヨコさん、コメントありがとうございます。
ブログ自体をお褒めいただきありがとうございます。

でも半分は人の文ですから、反則です(笑
今回は桜に免じてご勘弁を・・。
【2006/03/28 22:50】 URL | ぴー #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://bridgepiee.blog29.fc2.com/tb.php/37-b5aa4fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。